Antica Salumeria

ランチはまさかのビーガンレストランに入ってしまったので、夜は確実にプロシュートとチーズを狙いに行きました。広場近くのサルメリア。夕方はガラガラだったのに18時頃に行くと少し列が。
やっぱり予約すれば良かったかな。でも並んでいたら思ったよりも早く僕らの番がやってきた。
お隣の人が食べている美味しそうなハムの盛り合わせ。あーこれが食べたいなあと思っていたら店の人がオススメしてくれました。観光客はだいたいこれを食べるのでしょう。
それとパルミジャーノレッジャーノ。
お隣の人はフィオレンティーナファンでした。今晩の試合を見に来たとのこと。フィレンツェでコーヒー豆を販売している旦那さんと、コーヒーマシーンを売っている奥さんのお二人。
(結婚しているか微妙な雰囲気ではあったけど)
僕らがトリノから来たと言うと「あーじゃあユベントスかあ」と苦笑い。(ユベントスとフィオレンティーナは仲が悪い)
その後も結構会話してインスタを交換した。いずれフィレンツェにも遊びに行きたいな。

ご当地プロシュート盛り合わせ
パルミジャーノレッジャーノはモデナのバルサミコ酢をつけて食べます

で、肝心のプロシュートとチーズですが、これが美味いのなんのって。チーズはモデナのバルサミコ酢をつけて食べるんだけど、このバルサミコ酢がいわゆる普通のバルサミコ酢と違っていてねっとりして甘い(もちろん酸味もある)。これがまたチーズとよく合うのです。
いやーこれだよこれ!僕らがここで食べたかったのは。ここに来れて良かったな。隣のご夫婦とも知り合えたし。

会計をして出ようとしたら後ろの団体もフィオレンティーナ御一行だった。少し会話してから僕らがトリノから来たと知って、
「あ、そうだ、大事なことがあるんだ。ユーベメルダ。これを言って見て。さあ、ユーベメルダ!」
爆笑。
いやいやメルダの意味を知ってるから言わないよ。と答えるとその男性の子供たちも大爆笑。
男性はちょっと残念そうでした。
ちなみにメルダと言うのはクソと言う意味です(笑)

Share this:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。