カンカルでもう一度牡蠣を

2013年大晦日。
今日は昼過ぎにカンカルからモン・サン=ミッシェルに向かいます。
7時過ぎに起きて、朝の散歩。ホテルに朝食が付いていないので昨日見つけた街で人気のケーキ屋で朝食を食べることにしました。

オシャレな感じのケーキ屋

・・・が、朝は店内では食べられないようで、テイクアウトのみだそうです。
仕方ないから、クロワッサン、エクレア、レモンタルトを買って教会のある広場のベンチで食べました。

エクレア激ウマっ

人気店だけあってクロワッサンがサクサクでめちゃくちゃウマい。さらに美味しかったのがエクレア。
重みがあるしっかりしたシュー生地。コーヒークリームも甘すぎなくて美味しい。レモンタルトもビターな大人の味で最高でした。
素敵なフランスの朝食に満足してふと見上げると、昨日は気がつかなかった銅像が目に入りました。
なにやら女性がカゴを持っているんだけど、カゴから水がじゃーじゃー流れちゃってる銅像。
この銅像の二人は一体何をしてるんだろ・・・。

カンカルのシンボル?

朝食の後は特にすることもないので海岸線でぼーっとしてました。
牡蠣のお店が並ぶ中にあったセントジェームスのお店も物色。
こんが漁師町になんでセントジェームスみたいなアパレルのお店があるのかってちょっと不思議だったけど、セントジェームスのロゴをよく見てみるとモンサンミッシェルの形じゃないですか。
セントジェームスというのはノルマンディー地方の土地の名前なんだそうです。
今まで特にカッコいいと思ったことは無かったけど、本場で見るとありがたくなるから不思議。
セーターでなかなか良いのがあったから買おうと思ったらレディースでした・・・。
さっき朝ご飯を食べたばかりのような気もするけど、昼過ぎには出発しなくちゃいけないから早めのランチにしました。
やっぱり最後は牡蠣!
牡蠣市場は今日も持ち帰りの販売だけだったので、牡蠣専門店みたいなレストランに入りました。

牡蠣専門店

メニューを見ると牡蠣以外のメニューもあるんだけど、マジックででっかく×がしてあります。
店主のおばちゃんがやってきて
「オイスター、オンリー。OK?」
と聞いてきました。OKです。むしろそういう牡蠣一本で勝負しているお店で食べたかったんです。
牡蠣は2種類あったのでどう違うのか聞いてみると、実物を見せてくれました。平べったいのと普通の感じの牡蠣の2種類。
味がどう違うのか分からなかったからとりあえず両方頼んでみると、2種類を半分ずつ盛りつけて二人分にしてくれました。
ぶっきらぼうな感じの男前なおばちゃんだけど、こういうささやかな心配りが嬉しい。

目の前でさばいてくれます
2種類の牡蠣。これは一人前です。

牡蠣が含んでいる海水の塩加減が絶妙に美味しい。味付けはレモンをちょっと絞るだけで最高。贅沢だなー。
白ワイン、牡蠣、レモン。これ以外何もいらない。
正直2種類の牡蠣の味の違いは分からなかったけどとにかく満足です。
お腹いっぱいになってお店の壁にかかった写真を見ていると驚きの発見!

銅像のモチーフはこれでした

今朝、街の広場で見かけた銅像と同じ構図!銅像のモチーフはこれだったんだなあ。どういう作業なのか詳しいことはよく分からないけど、牡蠣を収穫しているシーンなんだなあ。カンカルを旅立つ前に謎が解けて良かった!

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。