TGVに乗ってパリからサンマロ経由カンカルへ

フランス旅行2日目。今日からノルマンディ・ブルーターニュ地方へ2泊3日のショートトリップです。
今日はTGVでサンマロという街に行ってそこからバスでカンカルへ行きます。
今はどうなのか知らないけどTGVと言えば僕が小さい頃は世界最速の高速鉄道で憧れの電車でした。
TGVで旅行なんてそれだけでもワクワクするなー。
朝6時30分にホテルにトランクを預けて2泊分の荷物だけをを持って、徒歩でモンパルナス駅へ向かいます。
途中で朝早くから開いてるパン屋があったのでクロワッサンを購入。
歩いて5分位でモンパルナスの駅に着くと、朝早くにもかかわらずかなりの人でごった返してます。

早朝のモンパルナス駅

すると駅のホームにPAUL発見!さっきクロワッサンを買ったばっかりだけど、やっぱり本場のPAULのパンを食べたいってことで惣菜パンと甘そうなデザートパンをゲット。TGVで食べるPAULのパン。フランスだなー。初PAULに興奮しながら駅構内をぶらぶらしてるとまたしてもPAUL発見。
なんだPAULいっぱいあるんだな。

PAUL発見!

モンパルナス駅では自分が乗る電車が出発するホームが20分くらい前に決まります。
大きなアナログの掲示板の下で出発ホームが決まるのを待ちました。
パンも(必要以上に)買って、コーヒーも買って準備万端で待っているとようやくホーム決定!
憧れのTGVに乗り込みます。TGVの昔のイメージはオレンジとグレーのカラーリングだったけど、今日のTGVはグレー一色の無機質な感じです。

TGVに乗り込みます
車内はこんな感じ

車内はこんな感じ

目指すサンマロは終点で約3時間の道のり。モンサンミッシェル観光の拠点のレンヌを経由して行きます。
出発してしばらくすると太陽が昇ってきて綺麗な朝焼け。TGVに乗ってのどかな田園風景を眺めながらPAULの惣菜パンとコーヒー。
これだけでも一つのイベントです。最高に楽しい。旅って移動してる瞬間もとっても大事だなあ。

朝は晴れてたんだけど

朝は晴れてたけど、サンマロ駅に着くとすっかり雨。しかも強風。
ここから路線バスでカンカルへ向かいます。感刈るが今日の目的地。でもサンマロも結構有名な観光地なのでちょっとだけ観光してみることにしました。海に面した旧市街が有名です。
まずは荷物を置いて身軽になって歩こうということでロッカーを探したけど、ロッカーは駅には無いとのこと。

バスでサンマロ旧市街へ

仕方無いので荷物を持って旧市街へ。歩いても15分くらいらしいんだけど、暴風雨なので路線バスで行くことにしました。バスに乗ってすぐに旧市街の入口に到着。観光案内所でロッカーがあるか聞いたけど、ロッカー無し・・・。2泊分の軽めの荷物とは言えそこそこ重い・・・。
まあ、雨が降ってなかったらどうってこと無いかもしれなかったけど。
荷物と雨と強風でテンションが下がった状態で旧市街の中へ。サラーっと歩いて城壁から潮の流れの速いサンマロ湾をちらっと眺めて旧市街を後にしました。
サンマロの記憶。暴風雨。それしかありません(笑)
あ、そういえばサンマロにはシャトーブリアンという人のお墓と像があります。
有名なワインのシャトーブリオンと何か関係があるのかと思って一応写真を撮ったけど、全く関係ないみたいですね。wikiによれば最高級ステーキのシャトーブリアンの由来なんだそうです。
ちなみに、この像も強風のせいかかなりすり減ってました。
滞在時間1時間くらいでサンマロ旧市街を後にして駅に戻りました。

シャトーブリアンさん
Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。