早朝のマチュピチュ

マチュピチュ観光2日目の今日はワイナピチュ登山です。
1日にワイナピチュに登れる人数は400人に限られていて、以前は先着順だったので朝4時からマチュピチュ行きのバス待ちの列に並ばなきゃいけないということもあったようです。
さすがにそれは不便すぎるという声があったせいか、今年からワイナピチュ登山のチケットを事前にネットで買えるようになりました。
マチュピチュの入場券は126ソル、ワイナピチュ登山付きの入場券は150ソルです。ペルーの物価を考えるととてつもなく高い。マチュピチュがペルー経済を支えてると言っても過言じゃないんじゃないかな。
とにかく、この事前購入制度のおかげでとてつもない早起きをする必要がなくなったわけです。ワイナピチュ登山は7時組と10時組の2グループ。僕らは7時組なので7時〜8時の間に登山を開始します。登山の前に観光客の少ないマチュピチュを味わっておきたかったので5時半にホテルを出発です。

バス停は早くも長蛇の列

バス亭に着くと早くも行列が出来ていたけど、バスが次から次へとどんどんやってくるので、すぐにバスに乗れます。6時ちょっと過ぎにマチュピチュ入場。朝陽を浴びたマチュピチュはまた一層ドラマチック。マチュピチュ村に1泊出来るのであれば是非とも早朝のマチュピチュは訪れておきたいところです。

朝陽を浴びるマチュピチュ

見張り小屋からの景色は昨日たっぷり堪能したはずなのに、またしても見とれてしまいます。

人も少ない早朝のマチュピチュ

1時間近く早朝のマチュピチュにうっとりしたところで、7時を過ぎたのでワイナピチュの登山口へ向かいました。
途中、聖なる広場を通ります。昨日は観光客でごった返していた広場も今は誰もいません。
朝陽を三つの窓の神殿の窓から朝陽が差し込んでいてそれがまた神秘的です。

インカ十字
中央神殿
窓から朝陽が差し込みます
Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。