アルパカを食す

マチュピチュ村の駅前にはお土産屋がひしめいてます。
夕食のレストランに向かう前にちょっと覗いてみました。
品質はあまり良さそうではないけど、かわいくて安い民芸品がたくさん売られてます。
かなり安いので僕らもここでお土産を購入。
手袋7ソル、帽子15ソル、レッグウォーマー10ソル×4本で合計62ソルのところ、奥さんが熾烈な価格交渉を展開し50.60ソルで購入。0.6ソル(約18円)という端数が交渉の激しさを物語ってますね(笑)
今日の夕食はクーポンをもらっていたので、駅前のToto’s Houseへ。
クーポンで、好きな前菜1品、メインディッシュ1品とサラダが食べられます。
飲み物は別。
ものは試しということで僕はアルパカのステーキを食べてみました。
奥さんは普通の牛ステーキ。

クスケーニャビールで乾杯
アルパカのステーキ

アルパカの肉は羊みたいに多少の臭みを覚悟してたんだけど、全くクセがなくやわらかい。フツーに美味しいステーキでした!

食事の途中でフォルクローレ音楽のショーもありました。新宿とか梅田とかでこういう音楽を演奏してる人を見かけても、正直何にも感じるものはなかったけど、やっぱり現地で聞くとなんだか感慨深いですねー。

アンデスの民族音楽ショー付き

食事を終えてホテルの部屋に戻ると、部屋中もの凄い湯気!何事か?とちょっと焦ったけど、どうやらポンプが直ったようで、シャワーから熱湯がジャージャー流れ出てました。蛇口を捻ったまま出かけちゃってたらしい。

もの凄い湿気で部屋の壁はビチョビチョでベッドのシーツも湿ってるけど、シャワーを浴びられることがとりあえず嬉しい。

もうなんか細かいことはどうでも良くなります。マチュピチュを観光出来て、電気も点いて、シャワーも浴びられるんだから、今日は間違いなく幸せな一日です。

マチュピチュ村で買ったお土産
Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。