長崎・佐世保食いだおれ旅行

毎週日曜に通っている税理士試験の学校が11月1日はお休みでした。
でもって、もうすぐ有効期限が切れるJALのクーポン券が手元に3万円分。
ふと財布に入っているカレンダーを見るとその週は3連休!
これは旅行に行くしかない。どこに行こう?日にちも迫っていたのであまり深く考えずに行ったことがないという理由で行き先を長崎に決定!
ネットでJAL TOURSに申し込んだ。
クレジットカード分の決済も完了したところで、ふと机のカレンダーを見ると、なんと月曜は平日で火曜が祝日になってる。3連休じゃない?
慌てて財布のカレンダーを見るとなんと去年のカレンダーだった・・・。
10ヶ月もの間、去年のカレンダーを財布に入れていたのか。
よくスケジュール管理が出来ていたもんだ。
仕方ないからキャンセルしようかと思ったら、既に出発日から20日前を過ぎているのでキャンセル料が1万2千円かかるとのこと。悩んだあげく思い切って有休をとってしまいました。上司の快諾?ももらい、いよいよ長崎へと思ったら、出発日の土曜日は妻が通っているおばんざい教室の集まりがあり随分前から出席予定にしていたのを失念していたとのこと。
JAL TOURSに相談してみたら、特例で出発日をずらすのは認めてくれるとのことで、月曜出発に変更。ただ、出発日の飛行機は18時過ぎに長崎到着予定。初日はほぼ何も出来ない。
とまあバタバタで決まった長崎旅行。特にお目当てもなく、行き当たりばったりの脱力系で旅行しました。いつもはばっちり下調べするほうなので、こういう旅もたまには新鮮で良いかも。
結果的には食い倒れ旅行になりましたね。
とにかく色々食べた。
まず初日は中華街の蘇州林というお店で皿うどん(極細麺)とチャーハン。
この皿うどんがめちゃくちゃ旨かった。振り返ってみればこの旅行で一番だったかもしれない。長崎の新地中華街は思ったよりも小さくて、お店も少なくさびれた感じだったけど、この皿うどんのおかげで良い思い出の場所。
チャーハンも家庭的な味でGOOD。

蘇州林
絶品皿うどん
チャーハンもかなりいけてます

2日目は朝食はホテルで。いたって普通のバイキング朝食だったけど、チャンポン味のかまぼこが美味しかったな。
出島を観光した後、ツル茶んという喫茶店(洋食屋?)でトルコライス。Ryomaトルコライスと名付けられたそのトルコライスは良くも悪くも想像の域を出ない、思った通りの味。新しい発見や感動は一切なかったけど、まあ名物なので。長崎でこれを食べる意味はあった・・と思う。
ちなみにRyomaですが、これはもちろん坂本龍馬のこと。来年のNHKの大河ドラマが坂本龍馬なもんだから、長崎はそれに乗っかろうと無理して頑張ってる感じだったなあ。亀山社中の記念館とか、つい最近整備したって感じだったもん。

Ryomaトルコ
食べてないけどカステラの文明堂総本店

夜は再び中華街の江山楼というお店で東坡肉(とんぽうろう)、春巻、ちゃんぽん。
ちゃんぽんは普通に美味しかったけど、昨日の皿うどんのほうが感動したな。ここでは東坡肉が良かった。角煮が絶品ですわ。

これが長崎ちゃんぽん
江山楼の夕食

最終日は軍艦島に行きたかったんだけど、波が高くて船が欠航。よって急遽バスで佐世保に行くことに。西海パールシーリゾートというところでカキ祭りが開催されているというので行ってみた。佐世保は九十九島のカキが有名らしい。
炭、カキを開けるナイフ、軍手のセットやポン酢も現地で売ってるので手ぶらで参加できる。カキは1kgでなんと600円。20個くらい入ってたかな。安いなーって思ってたけど、後でタクシーの運転手に聞いたら、地元では1kg400円くらいらしい。600円でも高いよって言われた。しかもその辺の海に潜ればいくらでもカキが穫れるらしい。運転手さんはカキは自分で獲るもんだからほとんど買ったことがないって言ってた。九十九島のカキは広島と比べると少し小ぶり。だけども美味しいねー。青空のもと自分たちで炭火で焼いて食べるって言うのも良かったな。
焼き始めるとカキの殻からゲジゲジみたいなのが、むにょむにょあぶり出されて来てちょっと気持ち悪かった。途中から気にならなくなったけど、あれは結局焼け死んじゃったんだろうか・・・。
最後にサバのミリン干しも焼いて満腹満足。

カキ祭り
こんなにたくさんで600円
グルグル回してイカ乾燥中

カキで満腹になってちょっとゆっくりした後はブラブラ歩きながら町の方へ。造船所のでっかいタンカーに驚きながらテクテク1時間歩くと、佐世保バーガーの有名店LOG KIT発見。
正直まだお腹はペコペコという状態じゃなかったけど、数ある佐世保バーガーのお店の中で、このお店が一番美味しそうだったので入店。
そんなに空腹じゃなかったけど、一押しであるスペシャルバーガーをチョイス。
確かにもの凄いサイズ。どうにかこうにか完食。
佐世保バーガーは前に住んでた中野や高円寺でよく食べたので懐かしい思い出。これが本場の佐世保バーガーなんだなー。
とはいえ味は想像通りの味で、トルコライス同様特に驚きはなかったけど、海軍基地にもほど近く実際外人さんもお店にいたから、ここが日本のハンバーガー発祥の地なんだな、ってジャンクフード好きの僕としてはちょっと感慨深かった。

でっかい佐世保バーガー

以上、長崎佐世保食めぐりツアーレポートでした。
観光名所レポートはまた追って。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。