常寂光寺

常寂光寺

夏頃に両親が上洛した時にウチの母親が行ってみたいと言い出すまで名前も知らなかったけど、ココは紅葉の名所だそうです。
永観堂やライトアップした宝厳院のあまりの人気ぶりに参ったので、常寂光寺は朝イチに訪れた。
朝イチでもけっこう人がいたけど混雑という感じじゃなくて凄くいい雰囲気でした。
残念ながら紅葉はちょっとピークは過ぎていたけど、それでもかなりキレイ。こういうのを「錦繍」っていうんだろうなーって思う。
紅葉のピークを過ぎると石段に落ちた紅葉がまたキレイ。散ってゆく姿が美しいのはとっても日本的な美だと思います。
常寂光寺の人に聞いたところ毎年だいたい11月20日頃が一番の紅葉の見頃なんだそう。仁王門の向こうに見えるであろうもみじのトンネルはさぞかしキレイなんだんろうなー。来年のお楽しみ。
ちなみに常寂光寺を勧めてくれたウチの母親は常寂光寺まであと500mということろで「トロッコ列車」に心を奪われてしまい、常寂光寺まで辿り着けませんでした(笑)

石畳に置かれたもみじもキレイ
これぞ錦繍!
Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。