宙づりの家 Casas Colgadas

Casas Colgadas

宙づりの家の抽象芸術美術館
Museo de Arte Abstracto Español
訪問日時:2008年1月3日(木) 17:30
入場料:3ユーロ
オススメ度:B
備考:クエンカ最大の見どころの宙づりの家。中は抽象芸術美術館とレストランになってます。

地球の歩き方をはじめとして、ほとんどのガイドブックでクエンカで最も有名なスポットとして紹介されてる宙づりの家。崖の街だけに、崖にぶら下がっているかのようなベランダを持つこの家は街の象徴になったんでしょうね。
かつては市庁舎として使われていたそうだけども、今はレストランと抽象芸術美術館になってる。中に入る為にはどちらかに入るしかない。
パラドールで夕食をすることに決めていたから、僕たちは抽象芸術美術館に入ってみた。閉館(18時)まであと30分だったので、係の人が
「ほとんど時間ないけどいいのか?」
って聞いてきた。僕は芸術作品を鑑賞したいっていうよりも宙づりの家に入ってみたいだけだったので、全くもってノープロブレムってことで一人3ユーロ払って入場。中にあるのはまさに抽象芸術。チンプンカンプンな作品がずらり。地球の歩き方にはミロやタピエスと書いてあったけど、ミロはありません。駆け足で見て回ったけど、多分見落としてはないと思う。もらったパンフレットのラインナップにも載ってなかったし。
館内を回っているとベランダにも行けます。さすがにベランダに出ることは出来ないけど、まあまあ雰囲気は感じられますよ。美術館としても、宙づりの家としてもあんまり楽しんだとは言えないけど、まあ3ユーロの価値はあるでしょう・・・。

ベランダの眺め
Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。