アヤソフィア Ayasofya

イスタンブール観光はハイライトのアヤソフィアから!
オーディオガイドを借りようとしたらパスポートが無いとダメとのことで断念して、ガイド無しで見て回ることにしました。

アヤソフィア

シーズンオフのせいか、朝が早いせいか、思ったより混んでません。地球の歩き方には開館30分前には長蛇の列とのことでしたが、全く待つことなく入館。

ところどころ修復中
聖母子の壁画

まずは、一番有名なドームのところへ。おお、ここがあの有名なアヤソフィアなんだなあという感動と、まあ写真で見た通りだねというある種の拍子抜け感が混ざった感覚。拍子抜けのほうが大きかったかなあ。事前に下調べしすぎるのはホントに良くないと思います。
意外なのは、建物の中に猫がたくさんいるってこと。世界遺産だけど案外この辺はおおらかなんですね。猫も人間に信頼されているせいか行儀よくしていて、猫のおしっこ臭いということはありません。誰かが躾しているのかな?

猫が世界遺産を闊歩してます。

アヤソフィアはもともとはキリスト教の教会だったけど、その後コンスタンティノープルの陥落後にイスラム教のジャーミィに変えられて、今は教会でもジャーミィでもなく博物館になっています。ジャーミィに変えられた時にキリスト教の壁画は全て漆喰で塗りつぶされたんだけど、いくつかは漆喰が剥がされて元のキリスト教の絵を見ることが出来ます。同時にイスラム教のカリグラフィーも残っているので、キリスト教とイスラム教が共存している非常に不思議な建物です。どちらの宗教も元々はユダヤ教をルーツとしてるから本来仲良く出来るはずなんですけどね・・・。
2階に上がるとドームの絵を近くで見ることが出来ます。壁にもいくつか絵が残っています。

損傷が激しいモザイク画
元々はこんな絵だったようです。
イスラムのカリグラフィやタイルも残ってます。

建築構造の凄さはよく分からないけど、ビザンツ建築の最高傑作なんだそうです。確かにいくつもドームが重なる複雑な構造というのがよく分かります。過去の大きな地震も乗り越えて来たそうです。やっぱりオーディオガイド借りた方が良かったかな。アヤソフィアの素晴らしさをあまり実感出来ずに終っちゃいました。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。