カッパドキア観光午前中2

ユルギュップの後は有名な奇岩が集まっているデヴレントという場所へ。

ナポレオン
ラクダ岩

まあ、こういう1点ものの奇岩は、へー確かにラクダに見えるねという程度の感想しかないです。
やっぱり奇岩群のほうが感動するな。ということでここは一応記念撮影をしてサヨウナラ。
次はゼルヴェ屋外博物館です。
博物館っていったってちっとも館じゃないです。昔の集落が保存されている地区でとてつもなく広い。しかも他にお客さんがほとんどいない!
めちゃくちゃ寂しい気分になります。教会や住居の跡地を回ります。
集落なのに人の気配がなくて怖くなるくらいに静かなのがどうも不思議な感じがして、妖精でも隠れてるんじゃないかって雰囲気です。
とりあえずかなり気持ちの良いお天気で良かった!

ゼルヴェ屋外博物館
ひ、広すぎる・・・
教会跡地
絵がちょっと残ってます

かなり広いので全部観ようと思ったら3時間くらいかかるんじゃないかな。僕らは次もあるので1時間くらいで撤収。
ゼルヴェの後はパシャバー地区へ。とんがり帽子をかぶったような小人(ただしサイズは超巨大なんだけど)のような奇岩がにょきにょき生えている地区です。昔は修道院が住んでいたらしい。

とんがり帽子
パジャパー

随分時間がかかったけど、ようやく遅めの昼ご飯を食べにギョレメへ!

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。