イスタンブール到着

イスタンブールのホテルはスルタンアフメット地区のAGORA LIFE HOTELというホテルにしました。
アヤソフィアやグランドバザールなどの観光スポットが徒歩圏という立地の良さと、屋上からの眺めの良さが決め手です。
今日の部屋はちょっとしたベランダが付いていて、ベランダに出るとアヤソフィアがちらっと見えます。

お、あれはアヤソフィア!

やっぱりその土地のランドマークを見るとテンションがあがりますね。世界遺産が部屋から見えるなんて素敵。
でも部屋からだと全身が見えないので、早速このホテルの売りである屋上へGO!

アヤソフィア全景

屋上からはアヤソフィアがしっかりと見えます。日が沈んでいるからよく分からないけど、ボスポラス海峡やトプカプ宮殿も見渡せます。イスタンブールにいるんだなー。
荷解きもそこそこにして、さっそく街へ行くことにしました。
ホテルを出てガラタ橋のほうへ。すると一人の靴磨きのおっちゃんが僕等の前を通り過ぎた時にブラシを落としました。
落としたことに気付かず歩いていったので、拾って手渡してあげました。
おーありがとうと満面の笑みのおっちゃん。いえいえどういたしまして、と言って別れてしばらく歩いていると、そのおっちゃんが走って追いかけてきました。
「あなたは本当に紳士だ。お礼に靴を磨かせてくれ」
いやいやそんなの良いですって。
「そんな事言わずに」
そうですか。じゃあちょっとだけ。
いやー、本当にトルコって良い人が多いなー。
「何処から来たの?日本?ああそう。僕はアナトリア地方から出稼ぎに来てるんだ」
へーそうですか。大変なんだなー。
「家では小さい子が僕の稼ぎを頼りに待ってるんだ」
ふーん・・・。なんか話が変な方に転がってないか?
「じゃあ、奥さんもどうぞ」
うむ・・。これって、もしかして・・・
「はい、終わり、新品同様にピカピカになったよ」
確かに・・。でも、もしかして・・
「さっき言ったように僕の家では小さい子が帰りを待ってる。チップをくれないか」
でたっ!やっぱり・・。ブラシを拾ってあげたお礼じゃないんかい!!
さっきまでの清々しい気分は一瞬で吹き飛びました。
でもおっちゃんが満面の笑顔であることがちょっとだけ救いだけど。
お礼だって言ってたじゃん。いくらなのよ?
「二人で18TL(約900円」
・・いやいや冗談じゃないよ。日本で靴磨きなんてしてもらったこと無いから相場がさっぱり分からないけど、旅行用にガシガシ歩けるスニーカー(奥さんはブーツだったけど)をピカピカにしてもらったって別に嬉しくないし。
ということで10TLだけ渡して立ち去りました。
空港からホテルまで親切な人に何人か出会ったので完全に油断してました。
言われた値段が18TLだったからまだ良いものの、恐喝まがいに法外な値段を吹っかけられる可能性もあったわけです。
気を引き締めていかなければ。良い教訓になりました。そういう意味ではおっちゃんありがとう。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。