The Rock Petra Campのディナー

今日の晩御飯はThe Rockというキャンプに予約を入れていました。たまたま宿泊していたホテルと提携しているキャンプらしく、フロントのお兄ちゃんが連れて行ってくれるとのこと。タクシーに乗り込んでキャンプに向かいます。
途中でベドウィンの村を通りました。多分ペトラでベドウィンの男の子が教えてくれた村でしょう。ベドウィンの村と言ってもキャンプではなく、普通の家が建っています。
村を通り抜けて15分くらいでキャンプに到着。日がほとんど沈みかけて、灯りはランプとキャンプファイヤーだけ。いきなりいい雰囲気です。このキャンプに泊まることも出来るらしい。ホテルよりこういう所のほうが楽しいんだろうな。

The Rock到着
いい雰囲気

今日はお客さんは僕たちだけなんだって。タクシーの運転手もフロントのお兄ちゃんも一回帰るのがめんどくさいから僕等が食べ終わるのを待ってるとのこと。なんかちょっと申し訳ないけどキャンプファイヤーを囲んでみんなで楽しそうにしゃべってるからまあいいか。
僕等も火を囲んで座ると、甘ーい紅茶を振る舞ってくれました。星空の下でベドウィンとキャンプファイヤー。・・・非常にいい感じです。

おしゃべりをして食事を待ちます

ちょっと待っているとベドウィンの女性がやってきました。今日の料理を作ってくれた方だそうです。名前はホタさん。
ホタさんがベドウィンのパンの作り方を教えてくれることになりました。
火で熱した鉄板の上に小麦粉?を丸めて伸ばして薄いクレープのようなパンを作ります。

ホタさんのパン教室
奥さんもチャレンジ

ホタさんが最初に手本を見せてくれて、続いて奥さんもチャレンジ。ちょっと破けちゃったけどそこそこキレイに出来ました。
パンが出来たところで屋根付きのテントのようなところで食事となりました。星空の下で食べるわけじゃないのね。

どれも美味しい!

料理は全部ホタさんが作ってくれたんだそうです。レンズ豆のスープとかカバブとか、パエリアみたいな料理とかどれもこれもとても美味しかったです。昨日のジャンクでマズいグラタンとはえらい違いだ。雰囲気も味もとっても満足。
食事が終わってちょっとゆっくりしているとホタさんがやってきて、奥さんにヘナタトゥーをしてくれました。ヘナタトゥーはヘナという植物を使ったタトゥーですが、数週間で消えるものです。

ヘナタトゥーをしてくれました

ヘナペーストを塗ってから10分くらいしたら水で落とせば良いんだそうです。ということでホテルに帰ったら水に落とせば良いよってことになったので、キャンプを後にしました。
帰りはホタさんも乗っけて欲しいってことになって5人で帰りました。ホタさんもベドウィン村に住んでるんだそうな。今日は僕等のためにわざわざ出勤したんだって。行きはどうやってここまで来たんだろ?歩いて来たのかな??
ともあれみんなで街まで戻りました。
結局ホテルに着いたのはヘナペーストを塗ってから30分くらい経っていたように思います。・・・これが後々良くなかったのですが、それはまた後日・・・。

Before
After
Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。