ゲッセマネの園

エルサレム最終日。同じ宿に泊まっている日本人の方から早朝の聖墳墓教会は人が少なくてオススメと聞いていたけど、早起き出来ず。まあ聖墳墓教会は2回も行ったからもうよしとしましょう。7時前にようやく起きて屋上へ。今日は昨日より霞がかっていて神秘的な日の出です。

今日も神聖な日の出

地下の食堂で朝食。コーヒー味のヨーグルト。ヨーロッパではよく見かけます。美味しいです。日本でも売ったら流行るんじゃないかな。もう売ってるのかな?

コーヒー味のヨーグルト

朝食を食べ終わって、早速観光開始です。お昼頃にお迎えのタクシーが来るので、それまでオリーブ山を回ることにしました。
ヴィアドロローサを通ってステパノ門から旧市街の外に出ます。
門を出るとオリーブ山に後光が指してめちゃくちゃ神聖な感じ。いやーやっぱりこの辺の土地には何かが宿ってるんじゃないですかね。

ステパノ門
オリーブ山とゲッセマネ・・神秘的

門を出て5分程歩くとゲッセマネの園に着きました。イエスが捕らえられる前にこの辺りでお祈りしたとか。ここにあるオリーブの木は樹齢2千年を越えるらしいです。つまりイエスの時代からの生き残りなわけです。このオリーブの木々はイエスを知っているのかと思うとなんとも感慨深いですね。出発直前にパッションという映画を見てきたのでとってもリアルなイメージがわいてきます。

ゲッセマネの園

ゲッセマネの園の隣に万国民の教会があります。この教会の中にイエスが捕らえられる前に祈ったという岩があります。凄いですね・・。僕等が教会に入るとちょうどミサが行われていたので岩はあんまりじっくり見られなかったけど、たくさんの人が真剣にお祈りしているのを見ているとやっぱりイエスっていたんじゃないかなあって思えます。

イエスが祈った岩
Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。