ようやくリマ1泊目!

ナスカの遊覧飛行が終わったのが、16時。
これからまた約5時間かけてリマへ戻ります。
普通に見積もって到着は21時。途中のチンチャという街でセビッチェが美味しいというレストランで「ランチ」を食べるはずだったけど、もう夕方だからランチは抜きにしてリマの晩御飯まで我慢することにしました。
帰りも来る時に寄った休憩所でトイレ休憩を挟んで、20時半頃リマのミラフローレス地区にあるHotel Carmelに到着。
実に家を出てから54時間!!54時間かかってようやく1泊目のホテルに着きました。丸二日以上ベッドで寝てないわけですね。
とりあえず、ちゃっちゃっと荷物を置いてホテルの目の前にあるレストランNorky’sで晩御飯。
疲れもあったけど、それ以上にお腹が空いてました。
このNorky’sは旅行会社のNさんがオススメしてくれたレストランです。
ファミレス的なチェーン店で、リマでは何軒か見かけました。

ペルーのファミレスNorky’s

注文もNさんのオススメに従いました。
1/4 de pollo con papas y ensalada(鶏の丸焼き1/4。サラダ・ポテト付き)
Anticuchos de corazon a la parrilla(アンティクーチョ。牛の心臓)
ウェイターにアンティクーチョはポテトが付いていないよと言われたので、
ポテトも付けました。
明日は高地(クスコ)に行くので、二人ともアルコールは控えて水にしました。
これで36.5ソル。日本円でだいたい1000円です。
激安・・。
ボリュームは少し足りないと思う人もいるかも。
これもNさんのアドバイスで、高地に行く前日はあまりお腹いっぱいにしないほうが良いので、これくらいの量にしておいたほうが良いと言われたのです。
まあ僕たちにはちょうど良かったです。
お味のほうもバッチリ。
牛のハツは多分初めて食べたけど、確かにハツって感じでコリコリしていて美味しいです。
鶏の丸焼きもとても美味しい!
確かにペルーは日本人好みの味付けだなー。

これで1000円!

食事を終えて店を出ると、かなり寒い。リマはクスコに比べて暖かいって思ってたけど夜はかなり冷えるんだな。ちょっと散歩しようと思ったけど、あまりに寒いのでホテルに戻りました。
ホテルに戻ってニュースを見ると、なにやらクスコの空港が人でごった返している様子を伝えていました。
ストライキか、飛行機の遅延か・・。言葉は全く理解出来ないけど、何か問題が起こったか、今も起こっているようだ。
観光客と思われるおばちゃんが困った顔でインタビューを受けている。
一体何が起こったんだろ。その問題はもう解決されたんだろうか?
ストだとしたら明日無事にクスコに行けるんだろうか・・。
困っているおばちゃんが明日の自分に思えてならない。
最悪は陸路でクスコに行く可能性もあるかと思って、地球の歩き方を調べてみると、21〜26時間かかると書いてある・・・。
もしそうなったら最悪だ。今日は運良くナスカにギリギリ行けたけど、次はマチュピチュが危うい。
マチュピチュに行けなかったらシャレにならんぞ・・。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。