パブストリートのディナー

カンボジア旅行最後のディナー。
初日は思いっきり地元の食堂でつまづいて、
2日目は極端に観光ツアーチックなバイキング。
3日目はおしゃれで高めのフレンチ+カンボジア料理でした。
以上の流れから、最終日は初日ほどは冒険したくないものの、出来る限りカンボジアの郷土料理に触れてみたいということになり、オールドマーケットの隣のパブストリートでレストランを探すことに。
東南アジア特有の雰囲気の漂う、ごちゃごちゃした路地のお店をチョイス。
メニューは写真付きで選びやすい感じ。
アモック×2、カレー、肉料理を注文しました。
もしかしてちょっと多いかな?と思い、ウェイトレスに
「二人では多過ぎますか?」
と聞きたかったのに、英語力の不足により
「これで充分かな?」
みたいな聞き方になっちゃった。
ウェイトレスは満面の笑みで
「これだけ頼めば充分よ!」
あーいやいや違う。僕が聞きたかったのはそうじゃなくて、いや僕の聞き方からすれば正しい返事だけど、そう聞きたかったんじゃない・・・。
けれどもとてもじゃないけどもう引き返せない雰囲気。
料理が出てくるのをおとなしく待ちました。
しばらく待つと続々と運ばれてくるお料理。小さなテーブルがお皿で溢れかえった。
見ているだけでお腹いっぱいだ。
料理のお味はどれも美味しく、こんな感じなら毎日パブストリートで食事しても良かったなって思いました。
ただ、いかんせん量が多すぎる。残念ながらけっこう残しちゃいました。
マズかったんじゃないんですよ。ゴメンネ。
でも、隣の白人観光客も
「もうお腹いっぱい」
ってしぐさをしてけっこう料理を残していたから、大盛りなお店だったんだと思います。
すっかり名前は忘れてしまいましたが、地球の歩き方で言うところの「裏パブストリート」の真ん中くらいにあるレストランです。
量はもちろん、味、値段もグッド。地元のディープすぎる雰囲気ではないし、極端に観光チックでもないので結構良いお店だと思いますよ。
シェムリアップで食事に迷ったらぜひお試しください!
・・・って言ってもどの店か分からないか。

カンボジア料理フルコース18ドル也
Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。