大覚寺

菊の御紋の式台玄関

しょっちゅう「大覚寺」行きのバスに乗ってるんだけど、一度も行ったことがなかった。今週末は両親が上洛していて嵯峨野周辺を観光したい!ってことだったので、初めて大覚寺に行ってみました。
お寺の前にバスターミナルがあります。日々乗ってるバスはここが終点なんだな。そのバスターミナルの裏手にうどん屋があって、そこで昼食を食べた。いわゆる観光地にありがちな高くてまずいうどん屋かと思ったら大間違い。お値段は5,600円程度でかなりリーズナブル。でもって味もかなり美味しい。よく関西の人は関東のうどんを「真っ黒なうどん」ってバカにするけど、それもちょっと分かる気がする。確かに関西のうどんは美味しい。ま、関東のももちろん好きだけどね。
腹ごしらえの後、いよいよ大覚寺へ。大覚寺は南北朝時代に南朝の御所だったそうで、お寺に入るなり、式台玄関の菊の御紋が威厳を放つ。
お寺の東側には日本最古の庭園池「大沢池」があります。
いけばなの嵯峨御流の総司所だそうで、牡丹の間の襖絵や野兎図など華やかな印象のお寺です。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。