マドリッドのバルで夕食を

庶民的なバル

マドリッドのバル
訪問日時:2008年1月4日(金) 22:00
予算の目安:10〜20ユーロくらい?
待ち時間:なし
オススメ度:B

基本的に和食よりも洋食が好きなので、ヨーロッパに旅行へ行っても食べ物に困ることはないです。ご飯と味噌汁がどうしても食べたい!とはならないです。
ところが今回のスペイン旅行。僕が歳をとったからなのか、スペイン料理の味が濃いからなのか、7泊9日旅行の最後のディナーの今晩は本気で「ざるそば」が食べたかった。
ま、探せば日本料理屋もあるんだろうけど、さすがにそれはつまらないのでぐっとこらえて、最後のスペイン料理を楽しむことに。
本当はタブラオでフラメンコを見ながらかるーく食事と思ったんだけど、アポなしでお店に行ったら、もの凄い巻き舌で
「ノーレセッルバ(予約無し)?インポルッシブッッルル(無理)」
と言われたので、地元のおじちゃんおばちゃんが入れ替わり立ち替わり出入りしているさびれたバルで食事することに。
地元の人はお店に入って2秒でさくっと注文して立ったままカウンターでさっと食べて去っていくっていうスタイルの人がほとんどのお店。
ところが僕らはいつものように、電子辞書とにらめっこで一品一品慎重に決めていくから、お店のウェイター(マスター?)もかなり心配そうにこちらの様子を伺ってた。なんとかかんとか、カラマリ(イカリング)のボカディーリョ、なにやら野菜の炒め物?、トルティージャを注文。
家庭的な味で落ち着けたな。これこそ本当のマドリッド庶民の味。そうリアル・マドリッド。レアル・マドリッド・・・。おあとがよろしいようで。

カラマリ、トルティージャなどなど
Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。