CAN FUSTE

CAN FUSTE

CAN FUSTE
訪問日時:2008年1月2日(水) 22:00
予算:一人40-60ユーロ
(現地ガイドブックbarcelonastyleより)
待ち時間:なし
オススメ度:B
備考:イベリコ豚の生ハム最高

バルセロナ滞在の最後の晩餐。
最後の夕食なのでちょっと良いところにしようと、ホテルで貰ったbarcelonastyleというガイドブックで予算40-60euroのカテゴリーから探しました。Maria cristina駅付近のレストランCAN FUSTEをチョイス。

一日の疲れもあったせいか大雨の中リージャからとぼとぼ歩いたら結構遠く感じた。
やや迷いながらもお店に到着すると、想像していたよりも入口は隠れ家的でやや厳かな雰囲気。外からでは店内の雰囲気は全く分からない。
出来うる限りの小奇麗な格好をしていったけど、ジャケットやネクタイをしてたわけじゃないので、ちょっと躊躇したけどもう他のお店を探す気力もなかったので覚悟を決めた。

扉を開けるとビシっとタキシードで決めた店員さんが待ち構えてた。
「二人なんですけど・・・」
って恐る恐る聞くと一瞬怪訝な顔をした気がしたけど、
「Si」

ちょっと緊張感あるお店に入っちゃったかと思ったけど、実はこのウェイターのおっちゃんが面白い人で、いちいち料理の説明を熱心にしてくれる。で、愉快なのは一品ごとに
「美味しい?」
って聞いてくるの。こちらが「Si」って返事すると、
「そーだろう、そーだろう」
ってめちゃくちゃ満足げにしてるのが可愛らしかった。ちなみに風貌はドラクエシリーズのトルネコみたいな感じ。めんどいので以下トルネコで統一します。

barcelonastyleによるとワインが美味しいってことだったので、あんまり飲めないけど白のグラスワインを頼んだ。するとトルネコは得意げにワインリストを見せる。全くワインに明るくない僕が悩んでいると、トルネコはリストの中の一つを指して
「これがオススメだ」
という。見れば一番高いワインだ。そりゃーそうだろうよと思いながらもグラスワインだから良いかってことでそれを頼んだ。
結果確かに美味しい。ワインは全然知らないのでどう表現していいのか分からないけど、確かに美味しかった・・気がする。

そしてこの店のウリはもう一つ。このウリが決め手になったわけなんだけどもイベリコ豚の生ハムが激ウマなんです。まあ、他の店と比べたわけじゃないけど絶対的にウマイ。最高。barcelonastyleによれば
「An excellent iberian ham from Guijuelo.」
とのこと。
Guijuelo(ギフエロ)というのはサラマンカ地方の都市の小さな街で、イベリコ生ハム業者が百数十社も存在するという、いわばイベリコ生ハムの聖地なんだそうな。
一口にハモンイベリコと言ってもグレードがいくつかあって、上から
・Bellota(ベジョータ)
・Recebo(レセボ)
・Pienso(ピエンソ)
その違いは与えられるエサ。
どんぐりの実だけで育てられるのがベジョータ。どんぐりと穀物のMIXで飼育されるがレセボ。特別な飼育はされずに単にイベリコ豚というだけなのがピエンソ。
このCAN FUSTEも何種類かハモンイベリコが売ってたけど、もちろんベジョータいきましたよ。もう絶品ですよ。なんとも言えない香りが口の中に広がります。イベリコ豚のことを脚のついたオリーブと表現することもあるそうですが、まさにそんな感じ。
スペインに行ったらハモンイベリコベジョータを是非お試しあれ。

ハモンイベリコと前後して豆の煮込みみたいなのが出てきた。
トルネコがやさしく教えてくれた。
「レンテハスだよ」
レンテハス・・ああレンズ豆のことか。
フツーに美味しかったけど、帰国してよくよくレシートを確かめるとレンテハス(Lentejas)なんてどこにも書いてない。フレッシュサラダ(Ensalada Fresca)のことだろうか?
そういえばフレッシュサラダなんて食べた記憶がない。
豆をサラダと表現するのはまだ良いとしても、煮っころがしはどんなに間違ってもフレッシュじゃないよねえ。まあどうでもいいか。とにかくレンテハスも名物料理なようです。

メインディッシュは僕は無難に子牛のサーロインステーキ。確かガリシア風って書いてあった気がする。一応土地の料理で、子牛のステーキなら間違いないかと。実際可も不可もなく美味しい。正直もうちょっと冒険したものを頼めば良かったかと。

で、めちゃめちゃ冒険しちゃったのがウチの奥さん。メルルーサのヴェルデソースかけなるものを注文。メルルーサって魚は日本ではあんまり馴染みがないけどタラ目の深海魚。一時マクドナルドのフィレオフィッシュにも使われたらしい(ウィキペディアより)。
バルセロナは地中海の港町ということで魚介類が美味しいからこれを選んだみたい。ところがこのヴェルデソースがめちゃくちゃにんにくが効いていて強烈。魚の新鮮さとかは全然関係ないの。これは失敗だったかも・・・

レシート
Agua con Gas 3.01ユーロ
(水ガス入り1本)
Copa Blanco 7.22ユーロ
(白グラスワイン 2人分)
Pan tostado con Tomate 4.02ユーロ
(トマトソースのせトースト2枚)
Jamon Iberico de Bellota 22.01ユーロ
(ハモンイベリコベジョータ)
Ensalada Fresca 10.22ユーロ
(フレッシュサラダ。レンテハス??)
Solomillo de Ternera 24.01ユーロ
(子牛のサーロインステーキ)
Merluza Salsa Verde 26.01ユーロ
(メルルーサの緑ソースかけ)
Cafe 3.6ユーロ
(コーヒー2人分)
小計100.1ユーロ
IVA7%7.01ユーロ
合計 107.11ユーロ

最高級イベリコ豚生ハム(ピンボケ失礼)
Jamon Iberico de Bellota
Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。