サンタ・コバ Santa Cova

Santa Covaへは下りのフニクラで

サンタ・コバ
Santa Cova
訪問日時:2008年1月1日(祝) 12:30
フニクラの運賃(大人):
・片道1.7ユーロ
・往復2.7ユーロ
・サン・ジュアンとのセット券7.45ユーロ
フニクラ運行間隔:ほぼ20分に1本
オススメ度:B
備考:黒いマリア像が隠されていた伝説の洞窟

サン・ジュアンから戻った後は、下りのフニクラに乗ってサンタ・コバへ。

サンタ・コバはカタルーニャの聖地であるところのモンセラットの聖地とも言うべきところ。かつて黒いマリア像が隠されていたという祠まで歩いて行けます。

15分くらいの道のりの途中にはいろんなモニュメントが飾られてるんだけど、その道のりの丁度中間くらいにガウディ作のモニュメントがあります。柵があってあんまり近寄れないせいかもしれないけど、あんまりガウディって感じはしないなあ。モニュメントの上の壁に描かれてる絵がちょっとガウディっぽいか?

ガウディ作キリストの復活

こんな感じのモニュメントをたくさん見ながら、15分くらい歩くとゴールに小さな教会が待ってる。この教会のところにラ・モレネータ(黒いマリア様ね)が隠されてたらしい。今もレプリカが飾ってあります。

ゴールの教会の中庭から

なんとなく無味乾燥な文章になってるのは、そんなに感動しなかったせいかもしれないなあ。なんでだろ。途中の道のりにモニュメントがたくさん置いてあるのがちょっと興ざめだったのかも。秘密の洞窟までの道にしては妙ににぎやかな気がしてね。もうちょっとひっそりした雰囲気なのかと思ってた。

教会からフニクラ乗り場に戻ったのは13時30分になる手前だった。だいたい毎時10分、30分、50分が戻りのフニクラの出発時間だったからギリギリ間に合った!と思ったらね。なんとフニクラまでがシエスタに。13時10分の次は14時10分なの。うええーこんなとこで40分も待つのかあ。と思ってしばしぼやーっとしてると、フニクラを待たずに坂道をてくてく登って行く人を何人か見かけた。んー、歩けるのかなあ?
40分も待つくらいなら歩いた方が早そうだけど。
すると上から日本人の若いカップルが降りてきた。
「上まで歩いてどれくらいですか?」
「6,7分で行けますよ」
ありがとう、ありがとう。
歩いて戻ることにしました。

途中、下の写真のトーテムポールみたいな変な塔を発見。なんか可愛いでしょ。もしかして前衛的なキリスト像なのかな?面白いもん見られたな。回り道すると良いこともあるんもんだ。

あなたはキリスト様なの?
Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。