ブルネッレスキのクーポラ Cupola del Brunelleschi

今日は13時の飛行機でフィレンツェを発つ日。11時にはホテルを出発しなきゃいけないんだけど、昨日登れなかったクーポラをどうしても諦めきれなかったので朝イチでクーポラへ。

最後の審判が描かれてます

日本人旅行者が多いフィレンツェの中でもこのクーポラはダントツに人気があるらしく日本人エンゲル係数(意味不明)がとっても高い。実にクーポラに登ってる人の5割は日本人。階段を登ってる時は前も後ろも日本人ですれ違う人も日本人。おかげで「写真とってください」をスムーズにお願い出来て良かったけど、クーポラのてっぺんではちょっとした日本人撮影会だった(笑)。
多少なりとも冷静と情熱のあいだの影響があるらしく、「順正」とか「葵」(いずれも冷静と情熱のあいだの登場人物)なんていう落書きがあってちょっとガッカリしたけど、一瞬登場人物が実在してここに書いたような錯覚がしてちょっと楽しかった。もちろんそんなわけないし、もし実在しても彼らは落書きするようなノーテンキな感じじゃないけどね。
もちろん、落書きは言語道断ですよ!絶対にしちゃダメです。
クーポラからの見晴らしはジョットの鐘楼からの景色とほとんど変わらないわけだけどもやっぱりフィレンツェのランドマークに立ってる実感は気持ちいいなあ。
景色をとるならクーポラが間近でキレイに見えるジョットの鐘楼がオススメ
順正(葵)になりきってフィレンツェを制したい人はクーポラがオススメ
僕みたいな欲張りは両方登るのがオススメ(笑)

クーポラから見るジョットの鐘楼
Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。