ホエールウォッチング@ヘルマナス

ヘルマナスではシャークケージダイビング2回、マリンBIG5ツアー1回で十分だと思ってたけど、昨日中途半端にクジラを見て刺激されちゃったので最終日の今日、もう一度ホエールウォッチングすることにしました。

昨日の夜に思い立って、Daveがガイドしている会社に申し込んでみると残念ながら満席。別のツアーに参加することにしました。酔い止めを全部飲みきってしまったのがちょっと不安だけど・・。
いつもの様にアルバートに送ってもらう。8時30分にツアー会社到着。ガイドのレクチャーを受けて早速乗船。

乗船前の事前レクチャー

出発して5分も経たないうちにクジラの親子に遭遇。昨日よりはるかに近い。潮吹きの音もはっきり聞こえる。デッカいなー。
胸ビレを水面に出してぷっかり浮かんでる。
尻尾(尾びれ)も見せてくれました。いやーすごい。綺麗に泳ぐなあ。

クジラの尾びれ

いつの間にかクジラがかなり近づいてきた。スゲー。乗客が多くてちょっと観にくいけど・・。

映像だとあまり迫力が伝わらないのですが、本当にデカいです。その興奮は僕らの歓声でお察しください(笑)

南セミクジラ。近い!

しばらくクジラの親子を眺めていたら、かなり遠くでブリーチングが始まった。ブリーチングは子育ての一環で子供の体力をつけるために行うらしい(そんなようなことをDaveが教えてくれました)。母親がブリーチングの見本を見せてる様だ。
1kmか2kmくらい離れてるのかな。かなり遠いけどその迫力は伝わってくる。すごい水しぶきをあげてる。
急いで船がそちらに向かう。ブリーチングは一度始まるとしばらく続くらしい。
でも残念ながら近づききる前に終わってしまいました。
帰りにまた別の親子に遭遇。

今度は顔をしっかり見せてくれた。いやーすごい迫力だなあ。
やっぱり最後にホエールウォッチングしてよかったな。昨日のじゃちょっと物足りなかったし。
無事船酔いもしなくてよかった。・・・と思って隣を見ると奥さんはやや酔ってるみたい。まあそんなにひどくない様だ。
1時間半くらい楽しんで下船。
アルバートのお迎えを待っているとDaveたちの船も戻ってきた。
あ、Dave発見。おーい。
「やあ!どうしたの?」
ホエールウォッチングしてたんだよ。本当はDaveの船に乗りたかったけど満席だった。
「そっかー、ブリーチング見れた?僕らの船はあのブリーチングのすぐそばにいたんだよ」
えー、うらやましい。やっぱりDaveの船が良かったなー。Daveの船の方が人も少ないので観やすそうでした。ちなみにDaveのツアーは「SOUTHERN RIGHT CHARTERS」です。こちらのツアーをおすすめします。
って僕らは参加してないけど。
ちなみにDaveは写真家でもあります。下の写真はDaveからもらったのですが、iPhoneで撮影したものだそうです。すご・・。

撮影者Daveです

Daveと別れを告げて港で時間を潰す。スキューバダイビングから帰ってきた人たちを発見。・・この海に潜る人がいるのか・・。ちょっと話を聞いてみよう。

港には命知らずな?ダイバーがいました。

こんちわー。ちょっと聞いてもいいですか?
「もちろん。何?」
ホホジロザメに海で出くわしたことある?この辺にもいるの
「あるよ。年に2,3回だけどね。」
えー!危険じゃないの?怖い?
「怖いけどね。危険じゃないよ。僕らは集団だし、泡を出してるから向こうが怯えて逃げちゃうんだ。映画とは違うよ(笑)」
そっかー。でも相手は野生の生き物だからアクシデントもありえるよなあ・・。
ともあれありがとう!

実はこの辺の海をカヤックを漕いで遊ぶというツアーもあるんだけど、万が一ホホジロザメにオットセイと間違われて襲われたらたまらんと思ってやめたのです。そんな海に潜るなんてすげえなあ。

港でハマグリみたいな貝を釣っている家族がいました。貝って釣れるんだな。
一緒に来てた人懐っこいワンちゃんが尻尾を振って近づいてきた。超かわいい。

港のワンちゃん。かわいーなー

奥さんにまとわりついて興奮しすぎてリードが絡まってしまいました。
フフ君はかわいいねー。

リードがからまっちゃった

そうこうしているうちにアルバートが迎えに来てくれました。いつも本当にありがとうね。(ちなみにもちろん毎回チップは渡します)
いよいよヘルマナス滞在も終わり。昼ごはんを食べたらケープタウンの空港に戻ります。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。