イアの夕日

パンフレットでよく見る教会

ランチを食べていったんホテルに戻って休憩。上の写真はホテルに帰る途中で見つけた教会です。旅行パンフレットとかでよく見る教会ですよね。すぐそばまで行けたんだけど、路地が複雑すぎて教会の入口までは辿り着けず・・・。
ホテルでちょっと休んでから、夕日が綺麗なことで有名なイアの街にバスで行くことにした。バスはオフシーズンのせいか、2時間に1本程度。バス停で待っていると路線バスなのに観光バスのようなでっかいバスがやって来た。多分ハイシーズンはこのバスが観光客でいっぱいになるんだろうけど、今日はお客さんは僕らを含めて全員で5人だけ。
しかも全員日本人。
フィロステファニの街からイアまではバスでだいたい20分で1.4ユーロです。

路線バスでイアの街へ

イアの街は今まで訪れた他の街に輪をかけて人が少なく寂しい雰囲気。バスロータリー前のスーパーとカフェがオープンしてるだけであとはことごとくクローズ。
入り組んだ路地を迷いながら進む。
イアもやっぱり犬が多い。小学生くらいの男の子が大きな犬を3匹も連れて散歩してる。ちょっとした広場に着くとそこには共同のイヌのエサ場みたいなところがあって、ドッグフードと水が置かれていました。街全体でイヌを飼ってる感覚なんでしょうか。
「SUNSET→」の標識を見ながら進むと海に出ました。絶景。崖にびっしり建ち並んでいる白い家々と風車。

イアの街

夕日を眺めるポイントを決めたものの、まだ日没まで2時間くらいあったので、イアの街をブラブラ散歩。でもちょっと移動するだけでも階段を登ったり降りたりで結構疲れちゃうので、日没1時間くらい前から夕日ポイントで座ってぼーっとしてました。
ハイシーズンだと人でごった返すらしいけど、今日のイアの街には観光客は多分10人くらいしかいない。
その内の一人のおばちゃんに
「ランチの時にフィラの街であなたたちを見たわよ」
と言われました。どうやらエル・グレコで一緒だったらしい。出会った観光客全員の顔を覚えられちゃうくらい人が少ないんです。こりゃあお店がほとんど閉まっていてもしょうがないよなあ。
16時30分頃から日が傾いて来て、夕焼け空になってきた。2009年最後のサンセット。今年も1年良い年でした。季節によって変わるんでしょうけども、イアからみるサンセットの太陽は水平線に沈むのではなく、海の向こうに見える島の奥に沈みます。なんかやっぱり水平線に沈んでほしかったなあ。ちょっと残念。

イアの夕日

夕焼けがキレイに見えるのは、その日の天気や気温とか湿度が関係するんだろうけど、今日のイアの夕焼けよりも昨日ホテルから見た夕焼けの方がキレイだった気がするな。
「イアの夕日が絶対」ぐらいに書いてあるガイドブックが多いけど、フィラやフィロステファニから見る夕日も充分キレイなんです。閑散期ならどこでも良いと思うけど、ハイシーズンに混雑したイアで夕日を見るんだったら、フィラとかで穴場スポットを探してゆっくり夕日を眺めた方が良いんじゃないかな。
まあ、フィラとかも凄く混んでるのかもしれないけど。・・・今のサントリーニからはとても想像つきませんが。
ともあれイアの夕日も当然充分ロマンチックです。感動しました。

夕日を受けるイアの街

日が沈みきって振り返ると大きなお月様が。これもまたキレイ。イアからフィラに帰る時に島の東側の海が月に照らされてそれもロマンチックだったなあ。グランブルーのポスターみたいでした。

振り返るとお月様

夕日が沈んで、バスターミナルに戻ろうと路地を歩いていると、おしゃれな本屋さんが営業してました。来る時にも通ったんだけど、その時はクローズしていたのに何故か夜になって営業開始。ありとあらゆるお店が閉まっているというのになんで本屋が営業してるのか?と不思議だったけど、お店がやってるだけでも嬉しくて入ってみました。

おしゃれな本屋

中に入るとこれがまた凄くおしゃれ。俳優みたいにかっこいい旦那さん?が常連客と思われる人と談笑してる。店の奥にはソファが置かれていてちょっとした居間みたいになってる。

そこで2匹の猫が遊んでる。猫は平積みになった本の上を飛び跳ねていて、猫嫌いだったらたまらんと思うけど、それもまたおしゃれということで何故か許せます。

本の上で猫が遊んでます

すっかりお店に魅了されちゃったので、ここで1冊買ってみたくなりました。本屋の雰囲気が良いから本を買いたくなったのは初めてだなあ。

ということで小さなサントリーニ島の写真集を購入。正方形の小さいハードカバーの本でえらく開きにくい本なんだけど、おしゃれだったのでこの店らしくて良いかなと。本の裏表紙の余白にこの店のスタンプを押してくれました。そういうアイデアもまたおしゃれ。だけどこんなに人が来ない街で営業していて生計は成り立ってるんだろうか。多分今日の売上は僕のこの1冊(12ユーロ)だけなんじゃないかな?

まあ余計なお世話か。

買った本にお店のスタンプを押してくれます
Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。