ミミキリの浜

今日は西表島を離れて石垣島に渡る日。
何時の船に乗るかも決まっていなかったので、早朝サガリバナカヌーから帰った後朝食を食べて、ちょっとビーチに行くことにした。
mamayaのママが、ここからも近くて人も少ないということでミミキリの浜というビーチを教えてくれた。
ミミキリの浜はmamayaから徒歩10分くらいなんだけど、すんなりとは辿り着けない。
行き止まりになった道のカードレールを越えて、ジャングルを進んで行くのです。
まあジャングルを進むって言っても多分20mくらいなんだけど、水着姿で肌の露出が多い状態だと結構ビビります。足下にでっかいカニとかヤドカリとかがガサガサ動いてるし。これをビーチで発見したらめちゃくちゃワクワクするのに、ジャングルで出会うとかなり怖い。

あのガードレールを越えていきます
ガードレールを越えてジャングルを進むと
キレイなビーチを独占できるのです

こんなジャングルを進むならそりゃあ人はいないよなあ。というかそもそもおとといの星砂の浜も人はほとんどいなかったわけだけど。
誰もいないビーチはとってもキレイ。当然透明度も抜群。
・・だけども干潮の時間帯だったせいか、どこまで行っても浅い!お風呂よりも浅い。
珊瑚がいっぱいだから立っていると珊瑚を傷つけちゃうし、バランスを崩すと珊瑚でケガする可能性もあるから、できるだけ泳ごうとするんだけど浅すぎて泳ぎにくい。
それでも3,40分プカプカしてたかな。
そろそろ上がろうかっていう時に目の前にクマノミの家族を発見。イソギンチャクの家に15センチくらいのところまで顔を近づけると、お父さんらしきクマノミがこちらを警戒して家族を守っているように見えた。お母さんはイソギンチャクに隠れちゃったけど、子供が無邪気に泳いでる。子供は体長1センチもなかったと思う。
誰に教えてもらう訳でもなく、自分でこういう発見が出来た時って無性に嬉しいな。
ビーチに上がるとあまりに人気がないからちょっと寂しくなったから、mamayaに戻った。既にチェックアウトしていたけどシャワーを使わせてもらって、近所の星砂亭でゴーヤチャンプルと沖縄ソバのランチを食べて、上原港まで送ってもらった。
石垣島への船を待っている間に港の周りを散歩していると、あの水曜どうでしょうでガイドをしていたロビンソン小屋を発見!お店に近づいてみると、「休業中」の札が。なんだかちょっとさびしくなった。
夕方に石垣島に到着。街でお土産を買って、居酒屋で晩御飯を食べて、路線バスで今日の宿の白保の田作屋へ向かったのでした。

ロビンソン小屋は休業中
Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。