チョンピの市

チョンピの市

海外旅行に行くとお土産に悩むことが多い。僕がよく使うのは地元のスーパーで安いけれどもご当地ものっていうものを買い込むパターン。イタリアだとトマトペーストとかグリッシーニとか。
まあ、会社の人向けなんかの大量に買ってバラ撒くお土産はこれで十分だと思う。
でもさすがにスーパーのお土産じゃ失礼と思われるような、大切な友人とか親戚向けのお土産探しに意外と使えるのが蚤の市。ヨーロッパは街に広場が多いせいか、しょっちゅう蚤の市が開かれてる。広場によって開催日が違うけど、大きな街なら1週間も滞在すればたいていどこかで蚤の市が開かれてるんじゃないかな?
良く言えばアンティーク、悪く言えばガラクタの山からお気に入りの品を探すのはなかなか骨が折れるけど、地元の人の生活感も感じることが出来てなかなか楽しい。
今日訪れたPiazza dei Ciompiの蚤の市(チョンピの市)では残念ながら何も欲しいものは見つからなかったけど、お店の人が顔見知りの客に
「Ciao!Giovanni!」
って挨拶してるのを聞いて何故か、ああ僕は今イタリアにいるんだなあってしみじみ実感できた。
「ジョヴァンニ」なんてかっちょいい名前の人があたり前に存在していて、その人にかける挨拶はやっぱり「チャオ!」なんだなと。なんかね、こうやって文章にするとホントあたりまえじゃん!って感じなんだけど、その時強くイタリアって国を感じたんだよね。
ちなみにフィレンツェの守護聖人のお名前は「ジョヴァンニ」さんです

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。