ヴェネツィアの島巡りムラーノ島のランチ編

冷静になればこんなものかもしれないけど、想像よりもはるかにあっさりとブラーノ島の観光が終わってしまいました。もう昼過ぎだったのでここでお昼ご飯を食べるという選択肢もあるけど、本島のほうがお店も多かろうということで船で戻ることにしました。15分くらい港で待ってヴェネツィア本島行きの船で戻りました。
たくさん歩いたわけでもないのに、暑さのせいで結構疲れてる。ウトウトしているとムラーノ島に着きました。
疲れていたのでムラーノ島はパスするつもりでした。奥さんと
「どうする?寄らなくていいよね?」
「んー、でもなかなかここまで来る機会もないから後悔するなら寄ろうか?」
みたいなやり取りをして、深く考えずに衝動的に船を降りました。ブラーノ島が想像よりも物足りなかったということもあると思います。
船を降りると、ヴェネツィア本島に向かうために船を待っている観光客が長蛇の列を作っていました。
思いっきり強い日差しが照り付ける日なたで。うわあ、帰りが大変そう・・。紫外線恐怖症の僕は船を降りたことを早速後悔の念が・・・。
後先のことをうじうじ悩んでも仕方ないので中心地へ向かいます。ムラーノ島は何と言ってもヴェネチアンガラスが有名。ブラーノ島のレース編み博物館には行かなかったけど、さすがにムラーノ島に来たからにはヴェネチアンガラス博物館には寄ってみたい。博物館を目指して歩いていると島の中心広場みたいなところに出ました。レストランが広場にオープンテラスを作っています。

サント・ステファノ広場のレストランで

観光客向けのお店っぽかったのが気になったけど、そろそろ昼ご飯を食べておいたほうが良い時間だし、値段や味の面で観光客向けの設定になっていたとしても、なかなか気持ちが良いテラスなので良いんじゃないかと。白ワイン、魚介のトマトソースパスタ、ラグーソースのラビオリを注文。

魚介のパスタ
ラグーソースのラビオリ

値段は思ったよりも高くない。お味は・・・。
・・・旨い!昨日のホテルコンシェルジュが勧めてくれたレストランよりはるかに旨い。ま、この気持ちいい雰囲気のせいもあるかもしれないけど。
当初予定になかったムラーノ島に衝動的に降りて、直感で決めた店だけに、当たりだったのは非常にうれしい。
二人とも大満足でした。周りの客を見渡しているとどうも白いシャーベット状の飲み物を飲んでいる人が多い。
お会計の時にウェイターにと聞いみてるとズグロッピノだと教えてくれました。
レモン、プロセッコ、ウォッカをジェラート状にした飲み物らしい。へー、次は飲みたいね。と話していると、サービスで小さなカップに入ったズグロッピノを出してくれました。
うれしい気遣い!そしてめちゃくちゃさっぱりして美味しい。

サービスのズグロッピノ!

いやー、雰囲気、味、サービス、値段。すべて満足の良い店を自分たちで見つけられて繰り返しになるけどホント大満足。
この店でランチできただけでもムラーノ島に来た甲斐があったってもんです。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。