石垣島

ハードスケジュールツアー2日目の今日は朝10時10分の飛行機で石垣島へ向かいました。沖縄に来るまでは沖縄本島と八重山諸島は船で行けるくらい近いのかと思っていましたが、沖縄本島から450kmも離れているんですね。沖縄本島よりも台湾のほうが近いです。気温も本島と比べて4度くらい高いです。石垣島の人口は約5万人だそうですが、最近は都会からの移住者が増えていてアパートを新築してもすぐ埋まってしまうとレンタカー屋のおねえさんが教えてくれました。そういえば僕の仕事のお客さんも会社を辞めて石垣島に移住したんだよな。

道なき道を・・

レンタカーを借りると早速島を縦断してビーチに向かいました。ビーチに向かう途中で宮良川付近のヒルギ林を探し求めてちょっと小道に入ってみたのですが、どんどん道が悪くなって、ジャングルのようになってしまいました。あともう少しで舗装路に戻れると思ったら道が完全になくなってしまい、Uターンするはめに。某大手自動車メーカーに勤務する僕の友達のドライビングテクニックがなかったら、あやうくレンタカーを借りてから15分で廃車にするところでした。ついつい調子にのりすぎちゃったようです。寄り道はほどほどにしてビーチへ向かっていると、またまたそそられる場所を発見してしまいました。サッカーパークあかんまです。ここは去年サッカーのオリンピック代表が練習したそうです。さすがに、この季節はもう真夏の気温なのでサッカーをしてる人はいなかったけど、めちゃめちゃ良い芝でした。一度くらいはこんなとこで試合をしてみたいもんです。

よくパンフレットで見ますね

島を縦断して西に5分くらい行くと米原(よねはら)キャンプ場のビーチに着きました。このビーチは何からなにまで最高です。今回の旅行では5、6ケ所のビーチに行きましたが、このビーチがベストです。水が綺麗なのは、もうどこでも当たり前なのですが、ここは珊瑚と魚がいっぱい。たぶん2、30種類くらいの魚がいました。中でもアオヤガラという1mくらいの細長い魚を発見した時は珍獣でも見つけたような嬉しさがありました。こんな最高のビーチでも人はあまり多くなくて(地元の人にしてみれば多かったかもしれませんが)駐車場もタダだし、石垣島に移住する人が多いのもうなずけます。
本当はこのビーチでゆっくりしたかったんだけど、欲張りツアーの我々はその後、川平湾と底地(すくじ)ビーチに行きました。川平湾は泳ぐことができないので、さくっと記念撮影をして、スナックパインを買って引き上げました。このスナックパインは手でちぎって食べられるんだけど、海で泳ぎながら海水につけて食べると一層美味しいそうです。ということですくじビーチでその食べ方を実践しようとしたのですが、このビーチがあまりにも遠浅で100mくらい沖に行っても、海面が腰より下なので海水風味のスナックパインは食べられませんでした。でも、砂浜で食べたスナックパインは生あったかかったけど、とっても美味しかったです。
今日のホテルは石垣港に面しているイーストチャイナシー。このホテルのラウンジでコーヒーを飲もうとしたら、突然バーテンさんが僕の友達の名前を呼んできました。友達も突然のことに意表を突かれていると、どうやら高校時代のバイト先のお友達だったようです。よくよく話を聞いてみると転勤で1年前からこのホテルで働いているとのこと。すごい偶然!初対面の僕もなんか嬉しくなっちゃいました。ここにも石垣島への移住者が一人いたわけですね。
今日までの2日間はお天気に恵まれているけど、今日から沖縄地方は梅雨入りしたとのこと。明日はシュノーケリングツアーに申込んでいるのに、天気予報は雨・・・。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。