クラスメイトお宅訪問

妻のイタリア語教室のクラスメイトでペルーから来ているご夫婦がいて、彼らの長男の1歳の誕生日祝いにお招きいただいたので行ってきました。

元々おばさんがトリノに移住していておばさんの家に同居している。アパートの最上階の屋根裏部屋で天井は斜めになっていて、部屋も子供2人を合わせて総勢5人にしては結構狭い。

旦那さんはこちらでまだ職も見つかってないようだし、結構大変そうだけど、僕らも招いてくれてご馳走を振る舞ってくれた。

メインは羊の煮込み料理なんだけど、羊がまったく臭みがなくてとても美味しい。

あと豆の煮込み。ペルーに以前旅行した時にも感じたけど、ペルーの味付けって日本人の味覚に通じるものがあるから全く違和感なく美味しくいただけました。

美味しい羊肉

奥さんは手作りでどら焼きを作って持って行った。あんこが外国人には不評の恐れがあるのであんこに生クリームを加えるというアレンジを施したら大好評であっという間に無くなりました。
良かった良かった。
(お世辞抜きでかなり美味しかった)

手作りどらやき

家にお招きいただいたんだから僕らもお招きし返すべきなんだろうけど・・・。改めて文章にするのも嫌だけど、家の環境が違いすぎて経済格差を見せつけてしまうような気がするので、ちょっと難しいかなと思ってます・・・。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


Comments