ハバナの大晦日

なぜかハバナでジョン・レノン推しの店に連れてかれてぼったくられながらも、味は美味かったことを理由に僕たちは決して騙されたわけではないと、自分を騙しつつ気を取り直して旧市街散歩。
配給制で食料もまともに手に入らないという話もあるキューバだけども、案外大型犬を飼っている人が多い。中でもシベリアンハスキーが人気だったように思います。
ソビエトから連れてきたんだろうか。

なぜかシベリアンハスキーが人気

檻にいたシベリアンハスキーの写真を撮ると飼い主と思しきおっちゃんがポーズを決めて俺を撮れという。

陽気なマッチョおじさん

いやー、おっちゃんすごい筋肉だねー。ハハって笑いながらパシャリ。
どれ見せてみろ。フムフム、なかなか良い写りだな。じゃあチップくれ。
でた・・。もー勘弁してよーって感じでノーノーって笑うと、おっちゃんはあっさりじゃあいいよしょーがねーなって感じで引き下がった。
ハバナも他の観光地と同じく、チップをねだられたり何かを売りつけてくることが多いけど、ノーと言うとあっさり引き下がってくれます。

またしばらく歩くと、今朝ビーチに行く時にもバスから見かけたブタの丸焼きの調理現場に出くわした。

こんがり丸焼き

ドミノをしながら時々くるくるブタを回してこんがり良い感じに丸焼きしてます。やっぱりこれは大晦日の特別メニューだな。こうして年を越すのでしょう。
さらに歩くと、廃墟跡のような広場で家族が集まってやっぱりブタを焼いてました。ちらっと覗くと、マンマがおいでと手招きしてくれたのでちょっとお邪魔して写真を撮らせてもらいました。

大晦日の料理のようです

ちなみに、年越しにはケーキも食べるようです。ケーキ屋で買ったケーキをむき出しで家に持ち帰る人を何人か見かけました。夫婦でホールのケーキを運んでいる人の写真を撮らせてもらった。

ケーキを買って家に帰る人もいました

さっきまで笑顔だったのに、写真になると突然無表情(笑)。それにしてもケーキは旨そうじゃないな。バターケーキかな。
ともあれこのケーキのおっちゃんみたいに太った人も多いし、さっきのおっちゃんはマッチョで大型犬を2匹も飼ってるし、そこらじゅうでブタの丸焼きしてるし、キューバは食糧難ってことはなさそうだなあ。

記事と関係ないけどキューバの英雄の壁絵
Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。