サン・マルコ寺院

今日は昼過ぎにヴェローナに向かうのでヴェネツィア観光は午前中だけ。9時にホテルを出てサンマルコ寺院に行くと今日もやっぱり既に長い行列ができていました。

ドゥカーレ宮殿の先まで延びる列

まだ開門まで30分あるけど、やっぱり並ぶしかないのか・・。なんかのツアーに参加して待ち時間なしで入れるかもしれないなと思って、サンマルコ広場の入り口にあった観光案内所に行ってみました。サンマルコ寺院に並ばずに入れるツアーありますか?
時間指定のチケットがここで買えるよ。
おおーそりゃ便利。おいくらですか?え、2ユーロ?安い!買います。
テーマパークのファストパスみたいなものですね。10時のチケットを買いました。ちょっと街ブラして時間をつぶして予定時間にサンマルコ寺院へ。専用の入り口で少しだけ待ったけどストレスなく入場。
間違いなく2ユーロの価値はあるでしょう。特に滞在時間が短い人にはおススメです。昨日も入ったサンマルコ寺院に再参拝。

サン・マルコ寺院

写真撮影禁止なのですみませんが文字ばっかりの紹介になります。西日が差し込んで明るかった昨日の雰囲気とはずいぶん違う雰囲気。昨日は黄金の寺院という印象だったけど、今日は薄暗い寺院という感じです。今日は人も多いのでやっぱりおススメの時間帯は夕方ですね。今日は時間がたっぷりあるのでまずは宝物館に寄ります。金細工、銀細工とか聖人の遺骨が展示されていて奥さんはいたく感激してます。僕は人が多くてちょっと窮屈なのでささっと見て順路に戻りました。順路を進んで祭壇のほうに行くとまた別のオプションがあります。2ユーロ払って祭壇の裏に回ってパラ・ドーロというお宝を拝めます。この後さらに2階の博物館(もちろん別途入場料がかかります)に行く予定だし、さっき見た宝物館と大して変わらないかもなあとパスすることも考えたけど、栄華を極めたヴェネツィア最高のお宝だということなので行くことに。お金を払って裏に回ると・・・まあびっくり。巨大な金のプレートにとてつもなく大きい宝石がこれでもかというくらい散りばめられてます。これはすごい・・。撮影禁止のはずですがその場にいるほぼ全員が写真を撮ってます。係員は制止する様子もない。これはさすがに写真撮りたくなりますよねえ。大きな声じゃ言えないけど僕らも1枚だけパチリ。迫力ある豪華な写真が撮れちゃったけどモラルに反するので掲載するのは止めておきます。イスタンブールのトプカプ宮殿の宝物殿と同じ衝撃です。これだけの富を集めるのにどれだけの犠牲が払われたのでしょうか。宗教施設がこんなに豪華なものを飾っているという歴史を考えると恐ろしくなります。しかしまあ良いものを見せてもらいました。2ユーロの価値は間違いなくあるでしょう。ここに来たらパラドーロは必見です。パラドーロを見終わるとあとは出口に向かうだけ。
天井のモザイク画をゆっくり鑑賞して出ました。回廊に行くと2階へ行ける階段があります。2階には博物館があります。テラスに飾ってある馬の像のオリジナルがあるということでこちらも訪問。天井のモザイク画が近くに見えてド迫力です。馬は・・・レプリカとオリジナルの違いはよくわからないけど、これが映画インフェルノに出てきた馬なんだなあと。博物館も撮影禁止なんだけどサンマルコ広場に面したテラスは撮影できます。はしゃいで何枚も写真を撮りました。

サンマルコ広場を見つめるカモメ

・・が僕らが写ってない写真は1枚だけだったのでこれしか掲載できないけど、サンマルコ広場をバックに良い写真が撮れますので博物館は撮影スポットとしてもおススメです。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。