ぷらぷらプラカ地区

いや、お寒いタイトルですみません。
なんとなく書いちゃいました。
国立考古学博物館を出てから最寄りのオモニア駅から地下鉄でシンタグマ広場へ。
アテネの地下鉄は何回か乗りましたが、非常に治安は良さそうな感じです。
バルセロナやローマのような緊迫感はありません。バルセロナとかよりも混雑していないせいもあるかもしれないです。どんなテクニシャンのスリでも半径1m以内に近寄ってこれなければ財布をスリようがないですよね。
と言っても外国は外国なので、油断はしないようにしましょう。

アテネの地下鉄は治安良さげ

シンタグマの駅を出ると、どでかいクリスマスツリーが迎えてくれます。
日本は25日を過ぎるとすっかりお正月モードに入りますが、ヨーロッパでは正月=クリスマスなんじゃないかと思うくらいいつまでもクリスマス気分が抜けません。

シンタグマ広場のクリスマスツリー

シンタグマ広場を抜けて、プラカ地区をプラプラ・・・。プラカ地区というのは特別保存地域になっていて古い街並が残っている地区。観光客が集まるスポットで、この辺のレストランの客引きはだいたい日本語で声をかけてくる。
「チョット、チョット。オイシイ。マチガイナイ。タコ、サカナ、エビ・・・」
こんな感じ。
雰囲気も結構良さそうなのに、店の看板に「プラカ」とかカタカナが書いてあって、日本語で話しかけられると、なんだか胡散臭いと思っちゃうのは何故だろう・・・。露骨に観光客向けって感じがするからかな。
観光客向けでも美味しいところはあるけど、イマイチのところが多いからなあ。
とかなんとか思っているにもかかわらず、この日の夜のレストラン選びは失敗しましたが・・・。
この辺はお土産屋さんも多いのですが、お土産屋も大抵日本語で話しかけてきます。中国や韓国の旅行者もよく見かけるけど、あの人達はみんな日本人と間違われて日本語で話しかけられているんじゃないだろうか?
だって、一度も「ニーハオ」とか「アニョハセヨー」なんて声をかけられたことないよ。今は日本人の旅行者のほうが多いからなんだろうけど、これからの経済の勢いからすると中国や韓国の旅行者が増えていくと思う。
そうすると、そのうち「ニーハオ」って声をかけられるようになるんじゃないだろうか。で、「いや日本人なんですよ」とか言うと「あら珍しい」なんて言われちゃったりして。
そんなことを考えながらぷらぷら(しつこいか)してると、とっても魅力的なお店が現れた。何のお店かよく分からないけど凄くキレイ。

プラカ地区のBRETTOS

なんのお店かよく分からんけど、キレイなのでとにかく入ってみたい。ちょっと覗いてみると、お客さんは何か飲んでる。カフェ?にしてはアルコールな雰囲気がプンプンだ。お酒は僕はほとんど飲めない。お酒の店だったらNGかな・・。でも入口の右上に掛かっている看板を見ると
「タベルナ」
とある。ちょっと小腹も空いたから、小皿料理とコーヒーでも飲めるかな?とにかく入っちゃえ!僕にとっては珍しい行動です。それくらい魅力的に見えるんですよ。このお店。
名前はBRETTOS。完全なる酒屋さんでした(笑)。後で知ったけど地球の歩き方にも載っていて約100年続いている老舗らしい。入口にあったタベルナの看板はこのお店の地下にあるお店の看板だった・・・。
カウンターのおばちゃんが笑顔で席に通してくれて、お店の紹介をしてくれた。
僕たちが幼く見えたせいか、お酒のお店ですよ大丈夫?的な紹介だった。
英語のメニューを見せてくれて、お酒の説明をしてくれる。
酒に弱い僕は飲みたい酒なんてちっとも無かったので、オススメを聞いてみた。
「んー、どんなのが飲みたいかにもよるけど・・・」
って笑いながら考えてくれて、ウゾを勧めてくれた。
ウゾはワインを造った後のブドウの搾りかすで造ったギリシャのお酒。みえみえの観光客だったから特産品を勧めてくれたんでしょう。
もちろん、じゃあそれをお願い。
味のある樽から注いでくれた。
奥さんはそこそこ飲めるので、あれこれおばちゃんに相談して
Maraskinoというお酒を注文。
メモしておいたメニューの説明によると
from the mastic tree of chios island
とあります。
マスティックの樹というのはギリシャのエーゲ海に浮かぶヒオス島にだけ群生する樹のようです。だからどうなのかよく分かりませんが、ともあれつまりはこれもギリシャ特産のお酒だったようですね。
二つとも面白い味で美味しいと言えば美味しい。そしてもの凄く強い。喉が焼けるかと思った。ほとんど飲めない僕の代わりに奥さんがほとんど飲んでくれました。

店内の雰囲気もクール
鮮やかでキレイでしょ。思わず誘われます

一体何の為に入ったんだって感じだけど、入って良かったな。お洒落な雰囲気を楽しめたし。
そしておばちゃんにギリシャ語をひとつ教えてもらいました。
それは「ヤーマス!」
意味は「乾杯!」です。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。