日常的非日常

2006年8月26日、27日。今年もみんなで初島に旅行に行ってきた。お盆過ぎに初島に行くようになって、もうかれこれ10年くらいになるか。普通は旅行って非日常的な気分を味わうもんだと思うけど、これだけ何回も来てると限りなく日常生活に近い旅行だ。民宿に着くとなんかほっとするくらいだからね。

だから、島に着いても力むことなく自然体でゆーっくり海で遊んで、ぼやーっと過ごす。夜はみんなでゴロゴロしながらテレビを見た。家にいる時はほとんど見たことがない、世界不思議発見。見始めた時は、クイズが邪魔臭い。世界の面白情報だけ流せば良いのにって言ってたのに、途中からクイズの時にお菓子を賭けて大興奮。最後は情報はどうでもいいから、クイズだけ出せ!って叫んだね。こんだけテレビ番組に夢中になるのはリラックスできてるってことだろうな。
毎年毎年同じことばっかりしてるから、とりたてて日記に書くこともないんだけど、やっぱり初島に行って夏を締めくくるので重要な旅行なんだよね。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。