南アフリカ・ナミビア旅行の記録/備忘録

人生で一度で良いから見ておきたいもの。オーロラとホホジロザメ。オーロラはトロムソで見たので残すはホホジロザメ。ということで今回の旅行は南アフリカとナミビアに決定!

日程:2019年9月13日(金)〜9月23日(月)
為替レート:1ZAR(南アフリカランド)=1NAD(ナミビアドル)=約7.5円
航空会社:エミレーツ航空
日程
9月13日(金)
会社を定時退社してシャワーを浴びてタクシーで京都駅へ。京都駅からリムジンバスで関空へ。
23時45分 エミレーツEK317便 関西国際空港発
約10時間のフライト

9月14日(土)
4時50分(日本との時差-5時間)ドバイ国際空港着
9時05分(日本との時差-5時間)エミレーツEK770便 ドバイ国際空港発
約9時間半のフライト
16時45分(日本との時差-7時間) ケープタウン国際空港着
タクシーでヘルマナスに移動しSchulphoek House泊

9月15日(日)
朝6時にシャークケージツアーのお迎え。約1時間かけて隣町のGaansbaaiへ。軽く朝食をとりながら説明を受けていざシャークケージツアーへ。
・・が、かなり粘るもホホジロザメは現れず。コッパーシャークのみでした。残念。
ホテルに戻ってからヘルマナスの街を散策。街の湾にクジラが子育てのために来ていて陸からもはっきり見える。早めの夕食を済ませてホテルに戻る。
夜のホエールウォッチングウォーキングツアーのガイドDaveが19時に迎えに来てくれた。さっきまでいた湾に戻ってしばしクジラを眺める。Daveに南アフリカのことを色々教えてもらいながら見晴らしの良い高台に連れて行ってもらった。ちなみにラグビーの魅力を教えてもらい帰国後ラグビーワールドカップにどっぷりはまった。なかなか良い出会い。
Schulphoek House泊

9月16日(月)
シャークケージツアーリベンジ。なんとか2回だけちょこっとホホジロザメを見れたけど、水面に顔を出してくれなかったのでちょっと物足りない。またいつか挑戦しよう。
午後はクジラとかアシカのツアー。なんか中途半端でイマイチ。
Schulphoek House泊

9月17日(火)
今日はナミビアへの移動日。初めてホテルで朝食を食べた。めちゃくちゃ美味い。今日まで食べられなかったのが残念。
午前中はヘルマナスのホエールウォッチング。なかなかのど迫力。
ホテルでランチを食べてタクシーでケープタウンの空港へ。空港で南アフリカの7人制ラグビー代表チームと遭遇!写真を一緒に撮ってもらう。
18時35分 ナミビア航空SW708便 ケープタウン国際空港発
約2時間のフライト
20時45分 ウィントフック Hosea Kutako国際空港着
タクシーで街のホテルへ。
Hilton Winthoek泊

9月18日(水)
ウィントフックのシティツアーに参加。と言っても客は僕らだけだけど。博物館やタウンシップに連れて行ってもらった。
午後はサン族(コイサンマン)の暮らしを尋ねるツアー。彼らの話し方や暮らしぶりめちゃくちゃ面白い。当たり前だけど日本と全然違う。
ホテルに戻ってヒンバ族のマーケットで買い物+写真を撮ってもらう。完全に商業ヒンバ(笑)。夜はホテルのエグゼクティブラウンジで軽くささっとすます。
Hilton Winthoek泊

9月19日(木)
ナミブ砂漠へ向かう。昨日ツアーをお願いしたQuest tourにお願いした車で約4時間のドライブ。
国立公園内に7月にできたばかりのDead Valley Lodgeに到着。軽くランチを食べて部屋でのんびり。夕方にサンセットツアー。巨石がゴロゴロ転がるところでシャンパンとビーフジャーキーをつまみながらサンセット。きもちいー。
夜は星空の下でブッフェスタイル。水飲み場にはアラビアンオリックスもやってきます。良い雰囲気。
Dead Valley Lodge泊

9月20日(金)
5時50分発でソッサスフレイへGO!
7時頃ソッサスフレイ着。朝日を眺めながら砂丘を登る。ガイドのフィリップに君らには無理だと言われたけれども、意地で1時間くらいかけてビッグダディ登頂。人もいなくてとても静か。
砂丘を一気に降りてデッドフレイへ。ソッサスフレイでブランチして帰りにDUNE45やセスリエムキャニオンを見て昼過ぎにロッジに戻る。
セスリエムキャンプサイトのレストランでランチ。ちょうどラグビーワールドカップの開幕戦の日本対ロシアが始まった。日本はガチガチでミスから失点。なんとか前半のうちに逆転したところまで見届けてロッジへ戻った。
ロッジのプールに入ってのんびり。今日はここでゆっくりサンセットを眺める。
Dead Valley Lodge泊

9月21日(土)
人生初気球。高所恐怖症の奥さんも挑戦。昨晩星空を撮影しようとしてISOを上げた設定のままにしていまい、出来上がった写真がひどかった・・。
初気球はまあ楽しかったけど法外な値段(約5万/PP)に見合うとは思えなかった。もっともっとリッチになったら良いかもね。
ロッジに戻って迎えを待つ。やや遅れてトーマス登場。
行きと同じ道をひたすら戻る。16時頃ウィントフック着。今日は土曜なので多くのお店は午後はお休みだけどトーマスに午後も営業しているお土産屋を教えてもらってショッピング。アンティークショップみたいな店でいろいろな民族のカルチャーを教えてもらった。
Kuvare族という民族のカゴを購入。トーマスに教えてもらった地元民に人気のレストランへ。お世辞にも美味いとは言えない料理ばかりだったけどオシクンドという発酵飲料は最初は抵抗があったけど慣れてしまうとクセになる感じ。
Hilton Winthoek泊

9月22日(日)
朝4時のタクシーで空港へ。到着が早すぎてまだチェックインが始まってない。
7時45分(日本との時差-7時間) ナミビア航空 SW723便 ウィントフック Hosea Kutako国際空港発
約2時間のフライト
9時30分 ヨハネスブルグ O.R Tambo国際空港着
トランジットエリアで1時間くらい乗り継ぎチケット発券を待つ羽目に。
13時40分(日本との時差-7時間)エミレーツ航空762便 ヨハネスブルグ O.R Tambo国際空港発
約8時間のフライト
23時50分(日本との時差-5時間)ドバイ国際空港着

9月23日(祝)
3時0分(日本との時差-5時間)エミレーツ航空EK316便ドバイ国際空港発
約9時間のフライト
17時15分 関西国際空港着
乗合タクシーで20時頃家に到着。近所の中華料理屋で馴染みのあるチャーハンとラーメンを味合う。
休みをうまくつなげて長い旅行ができました!

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。