Good Bye CUBA!

日本に帰る日。7時のフライトなので3時に起きた。
24時間営業のカフェテリアでホットサンドを作ってもらう。いいホテルだから海を見ながらテラスで朝食をゆっくり食べたかったなあ。
予約していたタクシーに3時半に乗り込んで4時頃空港着。
エアカナダのカウンターはまだ空いていなくて乗客が散らばって受付開始を待ってました。
唯一開いていたアエロメヒコのカウンターは超長い行列。ゆっくりゆっくり捌いてます。
いやー、これ行列の後ろになったらかなり待つことになるなあ。

アエロメヒコは大行列

すると現地ガイドに付き添われた日本人カップルがとあるカウンターの前に並び始めた。
もしかしてこのカウンターが開くのか?でもどうしてわかるんだろ。半信半疑で僕らも後に続いて彼らに聞いてみた。
「ここが開くんですか?」
すると現地ガイドが流暢な日本語で
「タブンネ。いつもそうだから」
そっかー。ガイドさんは毎日のようにここまで日本人を見送ってるんだもんね。
そして期待通りに僕らが並んでいたカウンターがオープン!
ということで運よく僕らは2番目にチェックインできました。
さくっとチェックインして次は両替。小銭を残して少しだけ余ったCUCをユーロに変えます。
順番待ちしていたら、現金充当係がやってきて僕の順番の直前で現金を補充し始めた。
一束ずつ現金をカウンターで数える窓口係。この作業がまた遅い。いや丁寧な仕事ぶりというべきか。
とにかく想定外に待たされた。15分くらい待ったかな。
フライトまで余裕があったもののちょっとイラっとしてしまいました。1週間そこそこの滞在ではキューバ時間には慣れなかったようです。

制限区域に入ってお土産を少し眺めてたらお腹がすいてきたので、ホテルでもらったホットサンドをほおばる。
旨い!いやーありがたいな。食後にコーヒーでも・・・と思ったらなんとカフェ・ロンなるものがありました。
カフェ・ロンつまりラム酒入りコーヒーです。最後の最後までロン尽くし。珍しいし飲んでみよう。

ロン注入!

実にうまい。でも街中じゃ一度も見かけなかったな。
空港ならではの観光客向けメニューだろうか。

飛行機は予定通り出発。予定通りトロント到着。
さて羽田行きのゲートはどこかな、あったあった。・・・あれ・・まさかの3時間ディレイ。
20カナダドルのミールクーポンが発行されたのでありがたくそれでランチします。
ハンバーガーを頼むと、ビニールに個包装された使い捨てのフォークとスプーンが人数分以上入っていて、ポテトにつけるケチャップもがさっと3袋入れてくれた。
食後にトイレに行くと、みんな洗った手を拭くペーパーを山のように使って捨てていた。
つい数時間前まで物資が不足していた国にいたのに、この違いはなんだ。あまりの違いに何故か少し悲しくなった。

余剰、過剰の世界へ戻りました

確かに僕らは物がなければ生きられない。でも必要最低限で良い。本当に必要なものを大切に使う。キューバが教えてくれました。
やや説教臭くなったけど、かなり楽しいキューバ旅行でした。今までの旅行で一番かも。

ちなみに、羽田では伊丹行きの飛行機に乗り継げず振替え便は翌日(出勤日)だったので、慌てて新幹線に切り替えて京都に帰りました。
旅行保険入ってて良かったなー。みなさんも航空機遅延特約はつけたほうが良いですよ。僕は今まで2,3回お世話になってます。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。