鳥羽水族館

伊勢・鳥羽旅行二日目の今日は鵜方のホテルを昼前に出発して鳥羽水族館に寄って帰りました。
鳥羽水族館は名古屋に住んでいた小学生の頃に何回か来たことがあったけど、ラッコ以外は記憶が薄れてました。とにかく大きい水族館というイメージだったけど、それから海遊館やら沖縄の美ら海水族館やら数々の大きな水族館を経験したせいか、そんなに巨大水族館という感じはしませんでした。
けれどもこの水族館のウリは規模ではなくて海獣の豊富さなんですね。
小さい頃は海獣はあんまり興味なくて魚ばっかり見ていた気がするけど、最近は獣を見るのが楽しい。
ラッコ、オットセイ、アシカ、アザラシ、トド・・この辺りは他の水族館でもよく見かけるラインナップですが、スナメリ、アフリカマナティー、ジュゴンまでいます。
マナティとジュゴンはよく似ていて海牛類というようです。
確かに牛っぽい。イルカのように速く泳げるわけでもないし、アシカのように陸を歩けるわけでもない。海に生きる哺乳類としてはめちゃくちゃハンディを背負ってるんじゃないでしょうか?それでも絶滅しないのは、生息地域に天敵がいないからかな?
のどかに見えるけどめちゃくちゃ攻撃力があるとか?
ということで獣系が充実してますが、最も見逃してはいけないのが、トドのショー。トドのアクションもすごいんだけど、それよりも進行役の飼育員が下手な芸人よりもよっぽど面白くて、大爆笑の連続です。
僕らの近くに外人の家族が座ってましたが、4,5歳の子供は日本語が多分分からないと思うんだけど、大ウケしてました。

ラッコは食事中でした
マナティー
トドのショーが始まります
これはホテルの近くで見た天然のひじき

それでは、CHANNELTRAVELが選んだ日本の水族館のランキングを発表します。
1.美ら海水族館(沖縄)
2.海遊館(大阪)
3.鳥羽水族館(三重)
4.八景島シーパラダイス(神奈川)
5.いおワールドかごしま水族館(鹿児島)
6.うみたまご(大分)
7.鴨川シーワールド(千葉)
8.葛西臨海水族園(東京)
9.品川水族館(東京)
・・・4位以下は思いつくままでした。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。