トリニダーの革命博物館

サンタ・クララへのコレクティーボの手配が終わり、トリニダーの観光名所の革命博物館へ。

トリニダーの革命博物館

1階は革命にまつわる写真とか遺品が展示されている。ハバナの革命博物館の方が展示の質・量ともに豊富。

撃墜した米軍戦闘機

実は僕たちは、この1階の展示を見終わるまでここが市立歴史博物館だと思い込んでいました。そちらのほうが閉館が早いから先に見学しようと思っていて。
展示を見ていてどうも革命の展示ばっかりだなーと不思議に思ってようやく気付いた次第。
こっちに先に来ちゃったから多分歴史博物館は間に合わないな。まあ良いや。
1階を全部見てから塔に登る。
トリニダーの四方を見渡せます。北は山に囲まれていて南は海。良い環境だなー。

トリニダーは山も近いし
海も近い

しばらく塔でゆっくりしていたら隣の公園から音楽が聞こえてきた。キューバ音楽をBGMにして良い景色を眺める。
ザ・幸せです。それにしてもなかなか良い音楽だな。ちょっと公園に行ってみよう。
革命博物館を出て公園に行くと3人組のミュージシャンが演奏してました。公園についてベンチに座って曲を聴く。
Buena Vista Social Clubで有名なCHAN CHANが始まった。いやー上手いなあ。声も良いねえ。

トリニダーのストリートミュージシャン

結構上手いから聴き入ってしまう。次の曲は知らない曲だったけど、コマンダンテー、チェゲバーラーって聞こえた。サンタクララがどうのこうのとも言ってるから間違いないだろう。チェ・ゲバラの曲なんてあるんだなあ。メロディが心に染み入る良い歌。
最後は少しアップテンポな曲で終わり。チップを払う時に彼らのCDがあることに気がついた。さっきのチェ・ゲバラの曲も入ってる?英語は全く通じないけど「チェ・ゲバラ」で分かってくれたようで「SI!SI!入ってるよ」と教えてくれた。
「クアントコスタ(おいくら)?」
「ディエズ(10)」
ムム・・せいぜい5くらいかと思ったが、案外フツーの値段ですなあ。
悩みに悩んだ末やめてしまいました。正直後悔してます。買えばよかったなあ。
下の動画は最後の曲の一部です。こういう曲を公園で当たり前のように聴けるというのはすごく文化的ですね。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。