ノヴォデヴィチ女子修道院

ランチを食べ終わって世界遺産に登録されているノヴォデヴィチ女子修道院へ。ガイドを見る限りそんなに魅力的な観光地とも思えなかったけど、スタジアム近くにある世界遺産なので試合前に観光しておくかってことで。歩いて10分くらいで修道院に到着。

ノヴォデヴィチ女子修道院の入口

入口脇の窓口でチケット購入。メインの建物は修復中で入れないとのこと。そんなに期待していなかったけど、メインの建物に入れないと聞くとさすがにちょっと残念。
僕たちの前にチケットを買った人が戻ってきて窓口でマップをもらっていたので、僕らもお願いするとなぜか前の人に渡した地図とは違う絵ハガキをくれました。
敷地内に幾つか建物が点在していて、まず入口右手の建物に入るとイコンの企画展が開催されてました。そこでチケットを見せる。どうやらチケットはこの企画展に入るためのものだったらしく、他の修道院の建物に入るにはチケットはいらないみたい。
イコンの展示は全く興味が持てず5分で退場。300ルーブルのチケット代は無駄だったな・・。

絶賛工事中でした・・

入口で言われていた通りメインの建物は改装中。その他点在する建物もちらっと覗いたけど特に感動するものは無し。なぜここが世界遺産なんだろう。昔ハノイで観光したタンロン城に似た雰囲気だなあ。観光客も数人しかいないし、なんらかの理由で世界遺産に無理矢理登録したんじゃないだろうか・・。
この修道院の隣の墓地にエリツィンのお墓があるというので行ってみるとギリギリで墓地が閉まってしまいました。この墓地の方が修道院より人気があるらしく、僕らが諦めて戻ろうとすると何人か観光客がやってきて「入れないの?」と聞かれました。
ともあれ、観光は終了。いよいよルジニキスタジアムに向かいます。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。