サン・クリストバルの丘

まだ夕方だけど、日本では明け方なのでかなり眠くなってきました。
サンティアゴは最終日にも観光できるからサン・クリストバルの丘に登って今日は早めにホテルに帰ることにしました。
オイギンス公園から地下鉄でBaquedanoへ。なかなか勢いが激しい濁流のマポチョ川を渡って丘へ向かいます。

マポチョ川

途中でパティオ・ベジャビスタというショッピングセンターで奥さんがラピスラズリのイヤリングを購入。ラピスラズリはチリとアフガニスタンでしか採れない宝石だそうです。ちょっと見るだけのつもりだったんだけど、なかなかオシャレでリーズナブルだったので即決しました。
ショッピングセンターには他にもたくさんお店が入ってたけど、眠気がどんどん増してきたので丘に向かうことにしました。
丘のふもとの公園からフニクラというケーブル鉄道で丘の上へ。

フニクラで登ります

フニクラを降りて展望台に行くと絶景が広がります。サンティアゴの街の向こうにアンデスの山々。サンティアゴは大気汚染がひどくてアンデス山脈がよく見えない日もあるそうです。この景色はどうなんだろう。明らかに空気は濁っているけど、山はよく見えている方なのか、霞んでいる方なのか・・・。

サン・クリストバルの丘からの眺め

ともあれ大都会のすぐ先に雪を冠った高い山脈が見えるのはとても不思議な光景です。良いもの見れたなあ。
日没の時間が近いこともあってだんだん人が集まってきたけど、疲れもピークに達したので下山しました。
地下鉄とバスを使って空港ホテルへ。いよいよ明日はイースター島!

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。