カナダ経由でサンティアゴへ!

今年のシルバーウィークは飛び石連休だったけど、有給休暇を使って9連休にしてイースター島に行くことにしました。随分前からイースター島に行ってみたかったけど、かなり遠いので7連休だとしんどい。9連休でようやくギリギリ。タヒチ経由が一番早く行けるんだけど、チケット代が高いのと、どうもタヒチとイースター島のフライトは毎日飛んでいないようで、うまく日程を組めませんでした。
よって王道のチリのサンティアゴ経由です。そしてさらに安いルートで行くためにサンティアゴへはカナダ経由で行きます。かつ、追い打ちをかけるように関空発になるので、サンティアゴ行きのフライトがあるトロントに直行できず、バンクーバーを経由してトロントに行きます。
関空からサンティアゴまで、飛行機に乗ってる時間だけでも24時間以上!乗り継ぎ時間を含めると30時間以上かかります!僕は比較的飛行機の移動は好きな方です。狭いシートもほとんど気になりません。それでもさすがにこんなに長距離のフライトはちょっと心配になります。
しかもフライトが遅延したり、入国審査に時間がかかったりして、サンティアゴ行きのフライトに乗れなかったら、トロント-サンティアゴ間のフライトは1日1便なので、サンティアゴ着が1日後になってしまう・・。
それはつまりイースター島行きのフライトに乗れないということなのです。サンティアゴまでのフライトと、イースター島へのフライトは別のチケットなので、予定通りサンティアゴに着かなければ、イースタ島行きのフライトはおじゃん。人気のフライトなので翌日の便も満席で買い直すこともできない。要するに予定通りサンティアゴに着けなかったら、すなわちイースター島へ行けないということなのです。
何故こんなにビビっているかというと、5年前にペルーに行った時にヒューストンで地獄の11時間遅延の憂き目にあって、危うくナスカの地上絵を見逃すことになりかけたからです。マルタに行った時にローマ到着が40分遅れただけでマルタ行きの飛行機に乗れず、マルタ到着が1日遅れてしまったこともあります。この時はローマまでのチケットとマルタ行きのチケットを別々に買っていたので、マルタ行きのチケットを無駄にしてしまいました。
今回はサンティアゴ行きが多少遅れるのは大丈夫ですが、バンクーバー行きやトロント行きが遅れるとアウトです。バンクーバーまでのフライトがルージュというエア・カナダのLCCということも不安要素の一つ(LCCはよく遅延するから)。

ということで、会社の人に休暇の行き先を聞かれても常に
「まあ一応イースター島へ行こうと思ってるんですが、行けるかどうか・・。サンティアゴ観光になるかもしれません」
と答えていました。
そんな感じで不安いっぱいのイースター島旅行スタートです。

まずは、バンクーバー行きのルージュ。関空に着くと遅延はしていないようでまず第一関門突破。
ルージュはLCCなので個人モニターがありません。よって自分のiPhoneやiPodなどのディバイスを持ち込んで、ルージュのアプリ経由で映画を楽しむというスタイルです。ディバイスは有料で借りることもできます。僕はさらにアマゾンプライムでたくさん映画をダウンロードしていきました。カナダの国内線とかサンティアゴへのフライトは日本語対応映画とか少なそうだったので。
ということで個人モニターがないのは全く問題なし。座席も平均よりも数センチ狭いようですが気になりませんでした。驚いたのは持ち込んだアルコールを飲むのは禁止ってこと(機内で買ったアルコールは飲めます)。なんかカナダの法律で罰せられるとか。僕らはビールを持ち込んでいたので、本当に飲んだらダメなのか聞いてみたら、本当にダメとのこと。飛行機を降りるまで没収となりました・・・。英語で「Because I cannot trust you」と言われました。直訳すると「お前を信用できないから」ってことだけど、笑顔で言ってたからもうちょっと柔らかいニュアンスなんだろうか。日本語だったら絶対お客さんに言っちゃいけない言葉だと思うけど(笑)
ちなみに僕らの前の席の人はこっそり持ち込んだアルコールを飲んでました。まあぶっちゃけバレないと思いますが、「法律で罰せられる」とか言われるとビビっちゃっいました。

ともあれ無事にバンクーバー到着。ここでカナダに入国して国内線でトロントに向かいます。預け荷物もいったんピックアップして預け直す必要があります。この辺入念に事前調査して、空港内の地図も頭に叩き込んでいました。到着予定時間の午前10時はアジアからの到着便が集中して入国審査に時間がかかることもあるということも調査済み。
フライトが30分早く到着したこともあって、余裕だとは思ったけど一応急いで入国審査に向かいます。国際線から国内線への最低乗り継ぎ時間は1時間20分ですが、あと4時間もあります。入国審査のお兄さんが感じが悪く、何のためトロントに行くのかと聞かれたので乗り継ぎだと答えると、
「俺は何のためにトロントに行くのかって聞いたんだ!」
とややイライラした感じで問いただされました。どうも僕が何故バンクーバーに来たのかと聞かれたのか勘違いして答えたのだと思ったようです。いや、だからサンティアゴへの乗り継ぎだって!ともう一度説明すると、ややバツ悪そうに「ああ・・チッ」って感じでした。
入国審査官って国の顔だからどこの国も感じが良い印象だったけど、カナダはどうも違いました。まあもちろん人によるだろうけど、アメリカ、中国、イスラエルよりも遥かに感じが悪かったなあ・・。

バンクーバー空港のオブジェ

ともあれその後の荷物の再預けもスムーズにいって30分もかからず国内線のゲートに到着。あまりに早く着いたから、トランスファーデスクで1本前の便に振り替えられないか聞いてみたけど満席でダメとのこと。仕方ない。トロント行きも無事に予定通りついてくれることを祈ります。そういえば、ルージュ機内で預けたビールはバンクーバーで返してもらえましたが、セキュリティチェックのところで液体は捨てなきゃいけないので、慌てて一気飲みする羽目になりました(笑)

トロントへのフライトも予定よりも少し早く到着。トロントの国際線への最低乗り継ぎ時間は60分。1時間50分あるので余裕のはずです。ここでも事前調査して頭に叩き込んだ通りに素早くゲートに移動します。カナダは出国審査がないので、国際線への移動は非常に楽。20分くらいでサンティアゴへのフライトのゲートに着きました。サンティアゴへのフライトも今のところオンスケジュールのようです。よし!これでイースター島へ行ける!かなりホッとしました。

結局サンティアゴへのフライトは30分くらい遅れて出発しました。全然問題ないです。これがトロント行きだったら超ドキドキもんだったけど。機内食も凄く美味しい。そういえばカナダ国内線もトロント-サンティアゴ間のフライトも日本語対応の映画がありました。でも僕は結局アマゾンプライムで落とした映画ばっかり見てました。機内映画はウェディングシンガーだけ。
24時間以上の長時間フライトで見た映画は以下の通り。
旅するジーンズと16歳の夏
ヤングアダルト
ライラにお手あげ
ソラニン
ウェディングシンガー

アンデス山脈?

サンティアゴ到着前に窓から高い山が見えました。おお、これがアンデス山脈かあ・・デッカイなあ・・って感動してふと反対側の窓を見るとこれよりも遥かに大きく、頂に雪を冠った山々が見えました。ああ全然違ったあっちがアンデス山脈か。逆の窓が良かったなー。

ともあれ無事に予定通り、サンティアゴ到着。今は日本では日曜夜の23時。土日の週末まるまる使って南米のチリに来たことになります。こちらでは朝の11時。移動で疲れたけど観光開始です!

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。