カッパドキアからイスタンブールへ

お昼のフライトでイスタンブールへ戻ります。

荷物検査待ち

小さい空港だと当たり前かもしれないけど、荷物検査の列が建物の外に伸びてました。
穏やかな天候だから何の問題も無いけど、雨が降っていたり寒かったりしたらこの待ち時間は最悪だろうなあ。
特に問題も無く飛行機は定刻通りに出発1時間弱でイスタンブールに到着予定です。
・・・が、1時間経ったくらいでようやく着陸態勢に入ったとのアナウンス。
ちょっとトイレに行きたかったけど、まあもうすぐ着くというのでちょっとガマン。
・・・が、30分経っても40分経っても着かない。
窓の外はずっと雲しか見えず、高度が下がってるのかどうかもよく分からない。
もういいやトイレ行こって立ち上がると、CAが慌てて「座れ!」とのこと。
なんかかなり神経質。周りの乗客にも心持ち緊張感が漂ってる。
実は僕もなんとなく嫌な感じがしてました。
何故なら2,3日前にインドネシアで航空機が墜落していたからです。
1時間弱の予定が2時間もかかるなんてどう考えてもおかしい・・・。
なんのアナウンスも無いけど、ホントにイスタンブールに向ってるんだろうか・・・。
と、緊張感がマックスに達したところで飛行機が降下し始めました。
無事にイスタンブール到着。着陸した瞬間機内はみんな拍手!
やっぱりみんな心配だったんだねえ。
イスタンブールは凄く混み合う空港なので、おそらく滑走路の空き待ちだったんでしょう。
もうちょっと説明してくれたら良いのに。
とにかく良かった良かった。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。