カッパドキア朝の散歩

2014年最終日!今日はお昼の便でイスタンブールに戻ります。
観光している時間は無いので、朝食前にホテルの近くを散歩することにしました。

カッパドキアの朝日

ホテルを出るとすぐに2匹の野良犬が近づいて来ました。
いやーゴメン。エサになるものなんて何も持ってないよ。
それでも2匹のワンちゃん達は離れません。
凶暴そうな感じも無いし、まあいいか。好きにしなさいよ。

2匹を連れて散歩することになりました

スペインのクエンカで会った猫とか、サントリーニのモップみたいな犬とか、ドバイであった鳥とか、どうも僕たちは動物に縁があるようです。
ホテルから5分くらい歩くとなにやら散歩道のようなものを発見しました。地図をみるとどうやらギョレメまで歩いていけるようですが、さすがにそんな時間は無いなあ。途中まで行ってみるか。

ギョレメまで続く散歩道

奇岩が連なる光景を眺めながらのんびり歩きます。寒すぎることもなく気持ちのいい朝です。2匹のワンちゃん達は僕らに付かず離れずで時々じゃれあって追いかけっこしてます。

カッパドキアの奇岩と犬その1
カッパドキアの奇岩と犬その2
カッパドキアの奇岩と犬その3

振り返ると昨日登ったウチヒサルの城塞が見えました。なんとも不思議な光景だなあ。僕たち夫婦と犬2匹だけの静かな世界。ちょっと神秘的です。

ウチヒサルの城塞が見えました

30分くらい歩いて見晴らしの良いところでぼーっとして折り返しました。

カッパドキア絶景

帰りに昨晩の雑貨屋によってキリムの絨毯を受取ってホテルに帰って朝食を食べます。
2匹のワンちゃん達は結局僕らのホテルの入口までついて来て、別れ際には悲しげに「クーン」と泣いてました。
なんでしょ・・・。なんか意味あるのかなあって思っちゃいます。
まあ、こんだけ遊んだんだからエサちょうだいよってことかもしれないけど・・・。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。