モンパルナスタワーで朝食

パリではちょっと異質な雰囲気を醸し出しているモンパルナスタワーの56階に見晴らしの良い高級レストランがあります。
ランチやディナーは予約をしないと入れないらしいんだけど、朝食は予約無しで食べられると地球の歩き方に書いてあったので、実質的に最終日の今日はそこで朝食を食べることにしました。
8時頃にお店に入るとまだ店員が掃除機をかけていて準備中って感じ。営業開始時間は7時30分らしいけどまだ営業してないのかな?
すると奥からスラっとしたウェイターさんがやってきた。営業中とのこと。
店内の雰囲気は確かに高級レストランなんだけど、営業中に掃除機をガンガンかけているあたりは朝食は手を抜いてるって感じ。
店内に入ると先客は日本人が一人だけ。
地球の歩き方に載ってるからだと思うけど、とにかく日本人観光客は他の国の観光客より朝が早いですね。
逆に外国の観光客は夜は結構遅くまで遊んでいる気がします。
ともあれエッフェル塔が正面に見える良い席に案内してもらえました。
こんだけガラガラなんだからあたり前だけど、人種差別的な問題で黄色人種は隅っこに座らされるとかそういうことも聞いたことがあったので、ちょっとほっとします。
・・・ただし、冬のパリの朝は遅いです。8時なのにまだ真っ暗。夜のパリって感じ。まあ、段々明るくなるでしょう。

8時なのにまだ真っ暗なパリ

15ユーロ(約2,000円)の朝食の内容はオレンジジュース、紅茶、クロワッサン数個・・・ザッツオール。
法外すぎる。多分2000円中1000円はこの眺めに対する対価だな。
よし眺めを堪能しよう。
そうこうしていると段々明るくなってきました。

段々明るくなってきました。

天気は悪いけどエッフェル塔もバッチリ見えます。
おー、いい眺め。晴れてたらかなり気持ちいいだろうな。
ちょっとはしゃいでたらウェイターさんが声をかけてくれました。
どうやらこのお店は日本人が多いらしく、彼は多少の日本語を知ってるようです。
さっき紅茶を頼んだときも
「ニコチャ?」
って言われて、「・・・は?」
ってキョトンとしていると、
「日本語でTEAのことをコチャって言うんでしょ?」
あー2、紅茶ってことね。ハハハ。みたいなやりとりがありました。
で、今回はエッフェル塔をバックに写真を撮ってくれると言う。
高級なレストランに、掃除機がガンガンかけられている高級じゃない時間帯に行っちゃって、客は日本人しかいなくて(ちなみに食事中にもう1組の日本人が来たので店内は5人の日本人のみ)、なんかちょっとこっぱずかしい気持ちだったけど、ウェイターさんが気さくに対応してくれて、表現が難しいんだけどちょっと救われた気がしました。

ハイ。朝のパリです。

ということで、高級レストランの朝食を堪能するっていうんじゃなくて、高いところからパリを眺められるっていうつもりで行くならここはとてもオススメです。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。