TGVでレンヌからパリへ

モン・サン=ミッシェルからバスでレンヌへ。電車の出発時間まで2時間くらい時間があったので街の中心地に行こうとしたけど、雨も降ってるし荷物も重いので駅の構内でランチにしました。
同じような考えの人が多かったみたいでどこのお店も混んでたけど、エイヤでブルターニュの名物だと言うガレット屋に入りました。
お店の人は女性一人でてんやわんや状態。
お店に入るなり、お店の女性にフランス語でまくしたてられました。
何を言ってるのか全く分からない。
え、もしかして営業が終わり?
んーそうでもなさそう・・・かな?
多分今混んでるから料理を出すのに時間がかかるとか、何かのメニューが品切れってことなんだろう。
荷物も重いし時間ならまだまだあるから席に座ってしまえ。
するとすぐにメニューを持ってきてくれました。良かった。
メニューはガレットが何種類かあって、シードル(りんごの発泡酒)とデザートにクレープがついたセットメニューをチョイス。
かなり混んでるのにお姉さんが一人で注文とって、調理して、レジ打ってと何役もこなしてるから相当時間がかかるんだろうなと覚悟してたけど、
お姉さんはもの凄く手際がよくて10分位で出てきました。

初ガレット

初めて食べるガレット。玉子とチーズ、ハムが入ってます。美味しい!好みの味だ。
・・・が、半分くらいで飽きてきた。なにやら胃にもたれる感じ。
どうもフランスのご飯は味は美味しいんだけど、胃に優しくない感じだなあ。
シードルも初めて飲んだけど、温かい!
寒かったからとっても美味しく感じました。
ガレットを食べ終わると、お店のお姉さんが何やら話しかけてきた。
多分この後クレープがあるから待っててみたいな感じ。
一単語も理解出来ないけどなんとなく分かるもんです。
クレープはさらっと砂糖をふったシンプルなもので、さっぱりした味でした。
駅のカフェだったけど、ブルターニュ名物を食べられて良かったなー。
TGVは20分遅れでレンヌを出発。
帰りは1等車にしてみました。んーまあ行きよりもイスがいいかな。
帰りのTGVは食堂車が付いてました!食堂車ってなんかテンション上がるなー。
浮かれてたいして喉も乾いていないのに500円もするオランジーナを買ってしまいました。

TGVの食堂車
Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。