ヨルダンのランチ

モスクや遺跡を駆け足で回って、ちょっと遅めのランチ。車でぐるぐる回ってレストランに着いたので、ダウンタウンからどれくらい離れたのかも、方向もよく分からなかったけど、途中でサッカースタジアムを通りました。
サミールが
「ヨルダンは日本に0−6で負けたよね」
って言われて、そう言えば同組だって気付きました。
このスタジアムは今度の3月に日本代表がワールドカップ予選で戦う会場らしい。
まあ、申し訳ないけどサッカーの世界ではヨルダンなど眼中に無いです。
(注:結局3月の試合は0-1で日本が負けてしまいましたが(笑))
20分くらい走ってレストランに到着。
結構大きいレストランでいわゆる観光客向けのレストランなんだろうけど、サミール曰く普段は地元の人でいっぱいらしい。
でも今日は結構空いてる。
メニューは既に決まっていて、席に着いてドリンクだけ頼むとどんどん料理が運ばれて来た。
とても二人分と思えない程の量。
アラブの人達はランチにたくさん食べて夜はちょっとだけしか食べないらしいけど、
それにしてもこの量は絶対食べきれないなあ。

ホンムスやホブス。前菜だけでお腹いっぱいになりそう

前菜はホンムスやタヒーナといったペーストをホブスというパンにつけて食べます。ちょっと酸味があったりしてなかなか美味しい。
いわゆる外国っぽい味ではなく、日本人に合ってると思います。
前菜に続いて肉料理も山ほど出て来た。鶏と牛と羊の肉。
僕は羊特有の臭みがちょっと苦手なんだけど、ここの羊は全く臭くなくてとても旨い。
むしろ牛のほうがやや臭いくらい。
サミール曰く、血抜きを工夫してるらしい。ハーブの水に漬けてどうにかこうにかって教えてくれたけど、完全には理解出来ず。残念。

どの肉も旨い!

いやーアラブ料理ってこんなに美味しいんだ。
周りを見渡すと確かに地元っぽい人もいるけど、観光客も多いみたい。
全身黒ずくめの民族衣装を着て目のところをちょっとだけ開けてる人達がいました。サミールにあの人達も同じイスラムなのか?って聞いたら、彼女達はサウジアラビアの人だって言ってました。
宗教は同じだけどスタイルが違うらしい。
食事するまでは、観光向けのベタなレストランだと思ったけど、とっても美味しくて満足!もちろん量も満足(笑)(結構残しちゃいました。)
食事の後はようやくホテルへ。長旅の後いきなり観光だったのでさすがにちょっと疲れて来ました。
今日泊まるのはダウンタウンからはちょっと離れたトレドホテルというホテル。
チェックインしてサミールと明日の待ち合わせ時間を約束して、ボーイに部屋へ案内してもらうとなんとエレベーターが下に下がるじゃないですか。地下の部屋か?ってビックリしたけど、ボーイさんが訳を教えてくれました。
このホテルはちょっと変わっていて、高台の街と低地の街の間に立っているので、入口が7階(高台側)と1階(低地側)にあります。
さっきチェックインした入口は7階だったのです。
なるほどね。結局僕等の部屋は5階でした。
その不思議な作り以外はどうということない普通の三ツ星ホテルなんだけど、部屋に入ると天井にシールが貼ってあるのに気がつきました。

ん?天井にシールが・・・

なんだろ。よーく見ると矢印だ。何かの方向を指してるみたい・・・。
!ああメッカか。イスラム教徒は1日5回もお祈りするから、メッカがどっちにあるのかという情報はとても重要なんですね。

メッカはこちら

荷物を置いてほっと一息。ベッドに横たわるとそのまま眠っちゃいそうだったけど、アンマン観光は今日1日。時間を無駄にしたくない!
ってことで休憩も程々にしてダウンタウンに繰り出すことにしました。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。