宇治上神社

日本最古の寝殿造り

平等院から歩いて、次は宇治上神社へ。
お隣の宇治神社とはかつては一緒の神社だったらしい。どういう理由で二つに分かれたか知りませんが、半分になったせいかかなりこじんまりとした神社です。
入場料とかも特になくさらっと参拝できます。
パッと見は普通の神社だけども、本殿は日本最古の神社建築なんだそうです。
ただし外から見えている部分は実は覆屋であって、その覆屋の中にある内殿こそが最古の神社建築なので格子の隙間から内殿をよく覗いてみて下さい。
・・・と言ってもそれを僕は家に帰ってから知ったので、内殿はよく見てません。これから宇治上神社に行かれる方は見逃さないように!
ちなみに本殿の手前にある拝殿は寝殿造りとしては最古なんだそうです。
こっちはちゃんと見てきました(あたりまえ)。
本殿の後ろには神々しい森が構えていて、あちら側は神の領域なんじゃないかと思わせる。神の領域と人間の世界の境界線がこの宇治上神社なんじゃないでしょうかね。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。