マサイマラサファリ最終回

ケニア旅行最終日。最後のサファリは女性陣3人が疲れ(食あたり??)でダウンしてしまったので、なんとChiくんと僕の2人でサファリドライブ。
男性2人はいたって元気。といっても帰国後1週間下痢が続いたけど・・・。

朝陽とダチョウ

出発すると、ダチョウが3羽元気に走ってた。朝陽を浴びてダンスしてるみたい。
その隣にはカバが歩いてた。水辺からこんなに離れた草原を歩いているのは初めて見た。
カバは大きくて愛嬌もあるからけっこう好きなんだけど、Ngeiさんはどうもカバをあんまり好きじゃなかったような気がする。僕らがキャーキャー騒いでも
「もう行っても良い?」
ってなんかすぐに離れたがってたような・・・。気のせいかな?
カバは意外に凶暴らしいからあんまりそばにいたくなかったのかも。

草原を歩くカバ

その後公園の出口付近でライオンの集団に遭遇。
どうやら子供達に狩りの仕方を教えているところらしい。
配置について200mくらい先にいるトムソンガゼルの群れを見つめてる。
とんでもないシーンを見られるのかと期待したけど、ガゼルもかなり警戒モードで、しばらくするとライオン達はあきらめてどこかに去っていってしまった。

遠くにいるガゼルの狩り方を子供に教える
ガゼルを諦めて立ち去るライオン

ライオンの集団を見て、だいたいこれでアフリカのサファリもお開きかと思ったら最後にビッグプレゼント。チーターの赤ちゃんを発見。茂みの中で眠っている母親の周りを2匹の赤ちゃんチーターがじゃれ合ってる。生後1ヶ月くらいらしい。茂みの中ですばしっこく動くのでなかなか撮影できなかったけど、凄く可愛かったー。
こないだ見たジャッカルのハンティングで食うものと食われるものを目の当たりにしたけど、最後に新しい命を見ることが出来ていい締めくくりが出来たと思う。
アフリカの大地は生命の大地!
ありがとうケニア。
Napenda KENYA!

茂みの中に隠れるチーターの赤ちゃん
時々ちらっと姿を現します

午前中のサファリの主な収穫:
近く:ライオンの家族、チーターの赤ちゃん、カバ、ダチョウ3羽、アフリカゾウ
たくさん:シマウマ、トムソンガゼル

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。