東映太秦映画村

映画村の忍者

太秦にこれから何年住むことになるか分からないけど、ここに住んでいる間に映画村に行くことはまずないだろうと思ってた。
ところが、引っ越してきてわずか4ヶ月で行くことになりましたよ。ご近所(徒歩10分)のせいか、ポストにお盆期間のナイター招待チケットが2枚入っていたので行ってきました。
・・・申し訳ないんだけど、残念ながらというか予想通りというか全くもって面白くなかった。なんかすごくちゃちなんだよね。ハリボテって感じ。まあ江戸時代の街みたいなところはそこそこ作り込んであるけど・・・。仮にも東映だよね?東映って時代劇だけじゃないでしょ。東映なんだから、大阪のユニバーサルまでいかなくてももうちょっとしっかりしてほしい。食べ物の出店なんか地域の地蔵盆かと思うくらいのしょぼさ。タダ券なのに金返せ!って思ったよ。
だけども唯一評価に値するのがお化け屋敷。世界最恐のお化け屋敷と銘打ってるけど、確かに怖い。入場待ちの列に並んでる間も、出口からビビった子供達が叫びながら逃げるようにして駆け出してくる。さすがに僕らは大人だから大丈夫かと思ったけど、中でお化けを演じてるのが東映の役者達なのね。ものすごい迫力ですよ。かなりビビってゆっくり進んでいると館内放送で
「うしろがつかえちゃいますよー。がんばって進んでくださーい。」
って怒られちゃいました。
入場料と別途で500円かかるけど、映画村に行ったらお化け屋敷には入った方が良いですよ。まあもし映画村に行ったならね。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。