マヌアル・アルパルガテラ LA MANUAL ALPARGATERA

LA MANUAL ALPARGATERA

マヌアル・アルパルガテラ
LA MANUAL ALPARGATERA
訪問日時:2008年1月2日(水) 12:30
予算:一足10〜40ユーロ
待ち時間:なし(夏は混むみたい)
オススメ度:B
備考:伝統的なサンダルのお店。ダリやローマ法王もお客さんだとか

コロニア・グエルからFGC、メトロ、RENFEを乗り継いで三たび北バスターミナルへ赴いて、ようやく明日のクエンカ行きのバスチケットを購入!
計画していた観光名所もほとんど回ったので、夜のバルサの試合まで午後はぶらぶらお買い物をすることに。

お買い物って言っても僕は特に買いたいものなんて無いから、奥さんの希望通りのお店を巡った。
その内の1軒がこのマヌアル・アルパルガテラ。
アルパルガータという地中海沿岸地域の伝統的なサンダルのお店。
旅行出発直前に発売されたフィガロジャポンでも取り上げられていて、ダリ、ローマ法王、ラルフ・ローレン、ジャック・ニコルソンもお客さんだとか!
さぞかしおしゃれなお店なんだろうと思ってたんだけど、ちょっとイメージが違ってました。
なんだか学区の小中学校の上履きとか体育館履きを売ってるような地域の靴屋みたいなそんな感じ。店主らしきおばちゃんと2,3人の店員さんが対応してくれます。僕たちが行ったのはサンダルシーズンオフの1月だったからすぐに対応してくれたけど需要期の夏はけっこう混み合うようです。

壁一面に麻でできたソールがぎっしり積まれてるわりには、品数は意外に少ないかも。ウチの奥さんは、店員さんに靴のサイズを告げて色々試し履きしてシンプルな黒のアルパルガータをチョイスしてました。33ユーロ也。

壁一面にソールがぎっしり
Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。