アリタリア航空

ミラノマルペンサ空港にて

今回のスペイン旅行はアリタリア航空のミラノ経由で行きました。
12月上旬に急遽旅行を決定したため、安い格安航空券は残っていなくて購入したのは208000円のチケット。これに
・復路週末代金5000円
・空港施設使用料2040円
・航空保険超過負担料(なんじゃそりゃ?)2400円
・出入国諸税5400円
・燃油特別付加運賃24800円
が加算されて一人当たり247640円。
高い!あまりにも高い。でもせっかくの9連休。ぼやぼや過ごすのはイヤっ!
泣く泣く買いました。
アリタリア航空を利用するのは初めて。マイル的にはANAのスターアライアンスでもJALのワンワールドでもないのが痛い。ちなみにアリタリアはスカイチームという連合でエールフランスとかKLMと一緒。
風の噂では機内食がマズいって話だったけどなかなか美味しかったな。
何よりよかったのは機内の映画のチョイスが素晴らしい。約12時間のフライトで映画4本観ました。
映画ランキングサイトCHANNELCINEMA.COMの管理人として映画にも触れましょう。
機内で観た映画は以下の4本。
・オーシャンズ13
オーシャンズシリーズ第3弾。痛快泥棒劇。1作、2作の登場人物も出てくるけど、前作を観てなくても全然問題なく楽しめる。こういうわざわざDVDレンタルするほどじゃないくらいの期待度で、深く考えなくても楽しめる作品が機内映画にピッタリですな。
・ウェイトレス
映画紹介のジャンル分けはコメディとなってたけど、ほとんど笑い無し。母は強し!って言葉が強烈に心に刻み込まれる作品。ちょっと退屈かも。
・眉山
邦画も観ましたね。松嶋菜々子主演。いや主演は宮本信子だな。泣かせる系のストーリーで分かりやすい展開。分かりやすいけどもチープな作品になってないのは宮本信子の圧倒的な演技力のおかげ。ウチの奥さんは飛行機の中なのに泣きっぱなしでしたね。
・幸せのレシピ
これ!ホント最高!到着の2時間半前くらいから見始めたから最後まで観れるかドキドキだったけど、無事観れました。典型的なハッピーエンドストーリー。ラストシーンはこっちも幸せになれたわ。まさに幸せのレシピ。ちなみに原題はNO RESERVATION。絶対幸せのレシピのほうがふさわしいタイトルだ。キャサリン・ゼタ=ジョーンズもハマリ役。
あと会社の人からDVDを借りてるから観なかったけどトランスフォーマーもありました。なかなかセンス良いぞ。アリタリア!
ちなみに帰りはJALとの共同運行便でJAL機だったけど、疲れてほとんど寝ていたので1本も観なかった。観たいのがなかったってのもあるけどね。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。